湘南3daysワークショップ3日目〜愛とミッションの統合〜

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー
明美ちゃん、たちさん、あやさん

湘南ワークショップの3日目。

今日で終わると思うと、寂しい気持ちを感じざるを得ない。

体は疲れてるけど、まだまだこの場に居たい。学びたい。

一方で、早く走り出したいという気持ちも湧いてきた。

言葉にしにくいのだが、

「愛とミッションの統合」

これが、自分の中で起こった感じがしたのだ。

強く優しい柱ができた気がする。

僕のミッションステートメント

僕は、何年か前から、人生におけるミッションステートメントを作っている。

毎朝ミッションステートメントを見て、自分の行動がミッションステートメントと齟齬を起こしていないかを確認してきた。

そして、何度も何度も書き直してきた。

それでもまだ完成したとは思っておらず、逆に、生きていると変化していくと思っている。

しかし、それでもミッションステートメントの大きな柱は固まっている。

「愛」だ。

いくつかの分野ごとに文章化しているのだが、全体を支える大きなミッションステートメントはこうだ。

「人と関わり合い、愛で宇宙を満たす」

これが、僕の人生をかけてやるべきこと、やりたいことだと思っている。

愛が自分に邪魔されている

しかし、あるワークを行った時に、思ってもみないことが起きた。

愛が、怒っいてるのだ。愛が、本当の自分に、無視されていたのだ。

本来、愛は自分と一緒にミッションへ進む力となってくれるはずなのに、そうなってはいなかった。

頭の中だけで、「俺は愛に生きるのだー」と言っているだけで、それは顕在意識レベルだったのだ。潜在意識と、愛と自分は全く結びついていなかったのだ。

これには、驚いた。

毎日毎日、愛に生きることと向き合ってきたつもりだったので、それが否定された感覚を覚えた。

ただ、ワークを進めると、間違っていたわけではないとわかった。

愛はミッションで大丈夫

ワークの中で、愛の前に立ちはだかっていた自分という存在をどかした。(顕在意識という壁)

そうすると、愛はミッションと結びついた。喜び始めた。ミッションは、やる気が溢れてきた。

まるで、愛に「私の存在をもっと信じてよ」と言われているよう。

確かに、そう言われると思い当たる節がある。

「自分は愛に生きる」と決めてミッションステートメントを作り上げてきたつもりだが、これは誰かに言われてできたものな気がしていたのだ。

自分自身の魂が作り上げたものではない。本当の自分が作ったものではない。

感覚でしかないから証拠はない。けど、なんとなくそう感じていた。

だけど、顕在意識という壁を取り除いた時、愛とミッションが繋がった。

これも感覚だが、すごくしっくり来た。これだ、という感じがする。

だから、僕のミッションステートメントは、間違っていなかったと確信した。

愛とミッションの統合

こう確信を覚えた直後に、なんとも怪しいカードを引いた。

▼そこで出たものが、こちら。

愛のために生きる

「愛のために生きる」

見た瞬間、「あ、やっぱり」と笑みがこぼれてしまった。

自分は間違っていなかったのだ。愛に生きて大丈夫だったのだと腑に落ちた。

愛とミッションが統合された瞬間だ。

潜在意識のレベルで、結び付いたことを感じる。

そして、自分の深い部分で、優しく強い柱が形成された感じがする。

これが、湘南ワークショップ3日目の大きな気づきだ。

ちなみにこれを見た直後から、周囲から「顔が変わった」と連発して言われるようになった。

本当に、自分の中でしっくりと来たものがあったのだろう。

▼あわせて読みたい




記事のタイトルとURLをコピーする!
  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

この記事を書いた人

ぞの

ぞの

セッションが大好きなPoints of You認定トレーナー/身近なコト・便利なモノを紹介するのが好き/Points of You・ガジェット・タスクシュートなど、ライフハックにまつわる記事が得意

MacBook

まず最初に読んでほしい7つの記事

1000以上ある記事の中から、厳選した7つの記事をお届けします。