岡部明美さんの湘南3daysワークショップ(主催:株式会社ツナゲル)まとめ〜場のチカラが、ネクストステージへ〜

明美ちゃん、たちさん、あやさん

岡部明美さんの湘南3daysワークショップ(主催:株式会社ツナゲル)へ参加した。

去年の同時期から狙っていたし、応募が開始された直後に申し込んだくらい待ち望んだワークショップだ。

当然、期待は大き過ぎるほど。

しかし終わってみた今、思うのは、期待を余裕で超えていたこと。

今まで参加したどんなワークショップよりも、深く暖かく濃厚な時間だった。

最高という言葉では足りないくらいに、充実した時間だった。

書けない、言葉にならない部分が多いのだが、湘南3daysワークショップを振り返ってみる。

参加前:楽しみと不安と恐れ

湘南3daysワークショップの存在を知ったのは、ちょうど1年前。

主催が株式会社ツナゲルということで、立花岳志さん(以下、たちさん)界隈の人たちから、様子を聞いていた。

また岡部明美さん(以下、明美ちゃん)の存在も、たちさんから何度も聞いていたので、知っていた。

なので、湘南3daysワークショップがどんなものなのかは、なんとなく知った状態で参加した。

当然、評判は、いいものばかり。

あんなことが起こったとか、こんなことが起こったとか、ありとあらゆるうわさ話を聞いた。

それゆえに、期待は大き過ぎるほどまでに膨れ上がっていた。

ずっと抱えていたモヤモヤとしたものを払拭したい。喉の奥に詰まったものを取り除きたい。自分らしい人生を歩みたい。

このような、強い想いを持って参加を決意した。

しかし、参加をお申し込んでからは、楽しみという感情以外にも、不安や恐れだってあった。

すごいワークショップだから、自分がどうなってしまうのかが不安。明美ちゃんはすごい人と聞いていたから、何をされるかわからない恐れ。行きたい!めっちゃ楽しみ!けど・・・

こんな気持ちを抱えながら、会場である湘南へ向かっていた。

参加中:訳が分からない

ワークショップが終わって1日が経った今、この3日間のことを振り返ると、イマイチ表現ができない。言葉が見つからない。

もちろん記憶はあるのだが、訳が分からないことが行われていたと言うしかない。

▼参加中に記事に残しておいて本当に良かった。いま振り返って記事にしようとしても書けない。

終了後: 頭の中での統合

岡部明美さんの湘南3daysワークショップ(主催:株式会社ツナゲル)

湘南3daysワークショップが終了後は、鎌倉の観光をすることにしていた。

仕事へ戻っても、仕事にならないことは明白だったし、このワークショップのことをまとめたかったからだ。

ただ、普通にノートに向かっていても、何も浮かばない。

けど、無意識で鎌倉を歩いていると、勝手に思考がまとめ始めてくれる。頭の中で、統合が始まっているのだ。

ワークショップ中に感じたあの感情は、自分の幼いあの記憶と繋がっている。自分がいま、こう思っている原因はあの時からだ。どうして両親があんな態度をとったのかがわかったかも。

こんな具合に、勝手に頭の中で整理が始まった。

グチャグチャしたものが統合されていくのだ。

ここに、僕の意思の力は介入していない。けど、僕自身の中で起こっていることだ。

不思議で仕方ない。

しかし、心地いい。自分が自分らしくなっていく感覚がある。

場のチカラが、ネクストステージへ

もし僕が、来年以降に湘南3daysワークショップへ受けたい人に「どうだった?」と聞かれたらこう言う。

「場のチカラが、ネクストステージへ連れて行ってくれるワークショップだよ」と。

ここで味わった体験は、絶対に一人ではできない。一緒に参加したメンバーが、一人でも欠けてしまってもできない。起こっている出来事が、すべて最適だった。

それによって、未知の世界、ネクストステージへ行ける。

つまりネクストステージとは、湘南3daysワークショップのタブタイトルである「感性の扉を開き、人生のステージを上げる」の、「人生のステージ」が上がれる場所。

とにかくすごいワークショップだった。心の底から満足している。

正直、1日目だけでも満足していて、2日目と3日目はこれ以上のものがあるのかと思ってさえいた。

けど、2日目も3日目も、大大大満足が行く時間を過ごすことができた。

その結果、僕の人生は、次のステージへ行くことができたと思っている。これからの僕を、見ていてもらいたい。

そんな湘南3daysワークショップだった。

ありがとう。

記事のタイトルとURLをコピーする!




▼あわせて読みたい

ぞのセレクト

生活を支える厳選23アイテムをご紹介しています。
Apple製品を始めとしたガジェットから、ちょっと便利な文房具まで。