Points of Youのカードを見ても、発想が広がらないときとは

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

特徴的なカードを使ってコーチングを行うのがPoints of You。

発想を広げたり、頭の中になかった気付きを見つけやすいので、使っていると「ハッ!」っとなることが多いです。

けどたまに、カードを見ても発想が広がらないときもあります。

「カードに描かれていない部分は何が書いてある?」「5分後はどうなってる?」「自分と関連したことは?」といった問いに、答えられないのです。

そんな時は、僕的には、危険なサイン。

感性が体に何かを訴えている証拠だと思っています。

では、発想が広がりにくい理由を詳しくお伝えしますね。

Points of Youのカードを見ても何も感じないときもがある

Points of Youは、カードを使ったコーチングツール。

なので、カードを見て会話を繰り広げます。

けどたまに、カードを見ても、発想が広がらないときがあります。

自己憐憫

  • 「ここはどこ?」
  • 「この子は、どんな気持ちだと思う?」
  • 「何を見てるのかな?」
  • 「これから5分後はどうなるだろう?」
  • 「周りには何がある?」

そんな質問を投げかけられても、・・・と、何も感じないことがあるのです。

完全に疲れている証拠

何も感じない状態になっているときは、完全に疲れている証拠だと思っています。

仕事のし過ぎだとか、考え事のし過ぎで、自分に余裕がない状態。

これは、自分自身でカードを使ってセルフコーチングをしていても、誰かにコーチングを受けてもらっていても感じること。

発想が出て来ないときは、ほぼ間違いなく疲れています。

身体が疲れているのか、感性が疲れているのか、それはそのとき次第。けど、疲れていることは、ほぼ間違いありません。

なので、コーチングが終わったら、すぐに休むようにしています。

発想が膨らまないときは、事実を言いまくる

ただ、そんな状態だからこそ、思わぬ発想も生まれる場合もあります。

それを期待してセッションを続ける時には、カードから見える事実を言いまくるのがオススメ。

自己憐憫

  • ちょっと悲しそうな顔
  • 背景の青っぽい色
  • 子供のおもちゃみたい
  • 自己憐憫って聞くと、嫌な感じがする
  • おもちゃ以外に何も写ってない

こんなことを言いまくっていると、過去の記憶に結び付くことがあります。

「そいえば、あの時に感じたことと似てる」という具合に。

また、誰かにセッションを受けているときは、この事実を聞いている人が、ヒントを投げてくれるかもしれません。

「何か〇〇ということが共通点じゃないですか?」というのは、僕がよくいう質問。

そうするとPoints of Youのコーチングでよく見受けられる「ハッ!」に出会うことがあります。

発想が広がった瞬間です。

自分がセッションをしていて、この瞬間に出会えると、飛び跳ねたくなるくらい嬉しい気持ちになります。

さいごに

Points of Youのカードを見ても、どうしても発想が広がらないとき。

そんなときは、完全に疲れている証拠だと思っています。

だから、すぐに休むべし。

ただ、そんな状態だからこそ、見えてくる気付きもあるのが事実。

発想が広がらないけど、セッションを続けるときは、目に見える事実にフォーカスすると、何かが見つかりやすい気がしています。

どうぞ、おためしあれ。

▼あわせて読みたい




記事のタイトルとURLをコピーする!
  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

この記事を書いた人

ぞの

ぞの

セッションが大好きなPoints of You認定トレーナー/身近なコト・便利なモノを紹介するのが好き/Points of You・ガジェット・タスクシュートなど、ライフハックにまつわる記事が得意

MacBook

まず最初に読んでほしい7つの記事

1000以上ある記事の中から、厳選した7つの記事をお届けします。