植松努さん名古屋講演〜「どーせ無理」をなくすためには夢をたくさん持つこと〜

航空宇宙フェア

植松電機 専務取締役の植松努さんの講演会へ参加してきた”ぞの(@z02n05)”です。

名古屋市の電気文化会館で行われた「航空宇宙フェア」の特別講演ゲストとして来られていました。

「どーせ無理」をなくすための仲間を探しに来た、と言う話で、胸が熱くなりました。

植松さんはこんな人

TEDに出演し、一躍有名になった植松さん。いまでは、年間100以上の講演を行っているそうです。
子どもたちに対しての講演で忙しい中、「航空宇宙フェア」のために名古屋に来てくれていました。

植松さんは、お父さんが作られた植松電機の専務取締役として働いています。

植松電機では、リサイクル用のマグネットを作っているほか、ロケットを作って飛ばしたり、わくわくするようなことを仕事としています。日本に1台しかない無重力を作り出す装置もあるそうです。

「どーせ無理」をなくす

植松努

講演を聞いて最も心に刺さったことは「「どーせ無理」をなくしたい」という思いでした。

あなたは、行動を起こそうとしている人に「どーせ無理だからやめなよ」と言ってませんか?あるいは、子ども向かって言っているかもしれません。

この言葉は、夢をつぶす強力な言葉です。

生まれてきた子どもは、「こうしたらどうだろう?」「あーしたらどうだろう?」と試しながら少しずつ学んでいきます。しかし、大人が、試す機会を奪ってしまったら、子どもの成長は止まってしまいます。

植松さんは言っていました。やりたいことが見つからないといっている若者が増えているのは、大人によるこの言葉が原因だと。

夢はたくさんあった方がいい

夢とは、大好きなこと、やってみたいことのことだそう。どんな小さいことだって夢にしちゃっても大丈夫です。

たとえば、植松さんは「明日、カレーを食べる」という夢まで持っているそうです。そして、夢を語ることによって叶うと言っていました。

僕も、夢は言ったら叶うと信じています。最近できた夢は、“世の中にあるわかりにくいことを、わかりやすく伝えること”

仕事やブログで、日々練習しながら夢を叶えています。これが、人生のミッションになってきています。

夢を叶える人の3つの特徴

植松さんは、夢を叶える人の3つの特徴を教えてくれました。

  • やったことのないことをやる人
  • 諦めない人
  • 工夫する人

僕たちは、経験したことがないことに対して、恐怖心を持っています。なぜなら、失敗することが恥ずかしい・かっこ悪いと思っているからです。

しかし、捉え方によっては失敗は、成功に変わります。このことは、エジソンも言っています。

失敗なんてない。うまくいかないことがわかったから成功なんだ。

いきなり、大きな夢に立ち向かうと怖じ気づいてしまうと思います。

世界一周という夢を叶える前に、隣の都道府県に旅行してみる。このように小さい夢の積み重ねが、大きな夢を叶える近道なのです。

さいごに

植松さんを知ったのは、講演会の前日でした。一夜漬けで、どんな人かYouTubeや本で調べました。

実際にお会いしてみても、そこから得た印象は変わりません。

人を笑顔に変えてくれる人。勇気を与えてくれる人。そんな印象を持っています。

講演会は各地で行われているので、あなたも参加してみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

記事のタイトルとURLをコピーする!




▼あわせて読みたい

ぞのセレクト

生活を支える厳選23アイテムをご紹介しています。
Apple製品を始めとしたガジェットから、ちょっと便利な文房具まで。