【定番】iPhoneで「SIMなし」エラーを解決する2つの方法

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー
【定番】iPhoneで「SIMなし」エラーを解決する2つの方法

突然iPhoneに「SIMカードが挿入されていません」と表示されるようになって困った”ぞの(@z02n05)”です。

格安SIMを使って普通にネットワークに接続されていたにも関わらず、なんの前触れなくメッセージが表示されるようになりました。

原因不明。

ただ、なんとしてでも解決しないと、僕は生活することができません。スマホ依存症患者なので、ネットワークに繋がっていないと生きていけません。(TaskChute Cloudが使えなくなるのが一番辛い

そこで解決すべく試したことは、2つあります。

「再起動すること」「SIMカードを抜き差しすること」です。

どちらも誰でも簡単にできる解決方法ですし、The定番といえるような方法ですが、見事この問題を解決してくれました。

それでは、もうちょっとだけ詳しく紹介しますね。

「SIMカードが挿入されていません」だと?

【定番】iPhoneで「SIMなし」エラーを解決する2つの方法

問題が発生したのは、ある日突然にでした。

SIMカードが入っているにも関わらず「SIMカードが挿入されていません」と表示されるようになってしまったのです。

そして、LTEの回線が入らず、スマホがただのガラクタのようになってしまったのです。

意味が分かりません。原因不明です。

iPhoneのアップデートがあったわけでもないですし、iPhoneを落としてしまったわけでもありません。

ただ、突然に使い物にならなくなってしまったのです。

解決方法①:再起動

こうなってしまった直後にやったことは、「iPhoneの再起動」です。

電源ボタンを長押しして電源オフにして、もう一度、電源ボタンを長押しして起動することをやりました。

きっと誰もがやる解決方法ですよね。

確かにこの方法は、有効でした。再起動したら、SIMカードが認識してくれました。

ただし、一時的に。

少し時間が経ったら、また「SIMカードが挿入されていません」と表示されるようになったのです。

1日くらいうまくSIMカードを認識してくれ続けたこともありましたが、どうやら根本解決にはなっていないようです。

解決方法②:SIMカードを抜き差し

次にやったことは、SIMカードを抜き差しすることです。

iPhoneを購入した時に付いてくるピンを使って、iPhone側面に挿入されているSIMカードを取り出します。

もしこのピンがなければ、Amazonなどでめちゃ安く売っているので、購入してくださいね。

頑張れば安全ピンなどでもできそうですが、僕は、専用のピンを購入した人です。

▼ピンでiPhone側面の穴をプッシュする。

【定番】iPhoneで「SIMなし」エラーを解決する2つの方法2

▼SIMカードスロットが開く。

一度、SIMカードスロットを開けたら、そのまま閉じるだけでオッケーです。

フーっと息を吹きかけたりはしないでくださいね。それこそ故障の原因になりますので。

こうしてSIMカードの抜き差しをしたら、僕の場合は、完全に解決しました。もう「SIMカードが挿入されていません」というメッセージは表示されません。

よかったよかった。

さいごに

僕の場合は、SIMカードを抜き差ししたことで、問題を根本的に解決することができました。

iPhoneを再起動するだけでは、一時的な解決にしかなりませんでした。ただ、SIMカードスロットを開けるためのピンを持っていない外出先などでは、再起動という方法が有効かと思います。

なのでもし、「SIMカードが挿入されていません」というエラーメッセージが表示されたら、焦らずにこの2つの方法を試してみてください。

▼ちなみに、iPadで同じことが起こった時も、対応方法は同様でオッケーです。

▼あわせて読みたい




記事のタイトルとURLをコピーする!
  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

この記事を書いた人

ぞの

ぞの

セッションが大好きなPoints of You認定トレーナー/身近なコト・便利なモノを紹介するのが好き/Points of You・ガジェット・タスクシュートなど、ライフハックにまつわる記事が得意

MacBook

まず最初に読んでほしい7つの記事

1000以上ある記事の中から、厳選した7つの記事をお届けします。