ブログのアイキャッチ画像を選ぶのに使えるABC理論

ブログのアイキャッチ画像を選ぶのに使えるABC理論

ブログを運営していて、アイキャッチ画像で悩んだことはありませんか?

どんな画像がいいんだろう?この記事にあったものは?読者の目に止まるものは?みんなは何を気をつけてるの?選ぶ基準とかあるのかな?

などなど、記事と同じように、画像に対しても悩んだことはあのではないでしょうか。

そこで今日は、僕が使っている、アイキャッチ画像を選ぶABC理論といものを紹介します。

これを知っておくと、アイキャッチ画像を選ぶのが、ちょっと楽になるはずです。

アイキャッチ画像のABC理論

アイキャッチ画像って、どんな画像を設定していますか?

記事の内容に合ったものですか?自分で撮ったお気に入りの画像ですか?それとも、なんとなく選んだフリー画像ですか?

ちなみに僕は、「この記事は、こんなことが書いてありそう」と予想できる画像を、このO-DANというサイトから見つけ出しています。

しかし、何も考えずに選んでいるわけではありません。

ちょっとしたコツがあります。読者の目を留めるための工夫ってやつです。

それを名付けて、アイキャッチ画像のABC理論と言っています。(さっき決めたばかりw)

自分が他の人の記事を読んでいても、このABC理論に当てはまる画像を使っているものは、よくクリックしてしまうことに気が付いて発見した理論です。

A:アニマル

ブログのアイキャッチ画像を選ぶのに使えるABC理論

ABC理論のAは、アニマルです。

動物って、ほぼ無条件に愛着を感じることないですか?

わんちゃん、ねこちゃん、おサルさん。よほどのことが無い限り、嫌いな人はいないはず。(肉食動物はやや怖いですが・・・)

なので、アイキャッチ画像に設定すると、読者の目を留めやすいのです。

B:ビューティー

ブログのアイキャッチ画像を選ぶのに使えるABC理論

Bは、ビューティーです。

みなさん分かってもらえると思いますが、街中を歩いていて美女とすれ違ったら2度見してしまいませんか?イケメンを見かけたら、センサーが反応することないですか?

それと同じ効果を狙っています。

美男美女に限らず、美しいものへの感度が高い人が多いので、美しい景色や建造物などの画像を探すようにしています。

C:キュート

ブログのアイキャッチ画像を選ぶのに使えるABC理論

Cは、キュートです。

美しさと同様に、可愛らしいものにも目を奪われやすいですよね。

例えば、赤ちゃんが二コーってしていたら、無条件で心が和むことないですか?僕の場合は、動物の赤ちゃんの写真をみると、ウオーって悶絶してしまいそうになります。

なので、アイキャッチ画像に設定されていたら、ついつい目に止まってしまうのです。

さいごに

アイキャッチ画像を選ぶABC理論は、いかがだったでしょうか?

ABC理論に則った画像を選べば、記事をシェアした時に、目に留めてもらえそうな気がしてきませんか?

また、画像選びに困った時の基準にも使えるはず。

このO-DANというサイトからだったら、ABC理論が使える候補がたくさん見つかるので、探してみてください。

記事のタイトルとURLをコピーする!




▼あわせて読みたい

ぞのセレクト

生活を支える厳選23アイテムをご紹介しています。
Apple製品を始めとしたガジェットから、ちょっと便利な文房具まで。