「話すのが苦手」を克服するのに、本で学んだオススメの方法

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー
楽しそうに会話するカップル

「話すのが苦手」を克服するのに、本で学んだオススメの方法を紹介します。

いくつも本を読んだのですが、特に参考になった本は、コミュニケーションの第一人者 野口敏さんの「誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール」です。

ぞの
ぞの
本で学ぶ前は、ほんのちょっとの会話ですら、何を話そうかドギマギしていました。

どんな話をして会話を盛り上げようかと考えれば考えるほどに、ぎこちない会話になってしまって、その場の雰囲気は下降していく一方でした。

しかし、話しをするのが苦手だと自覚してから、本を読んだり、本から学んだことを実践したりしてきました。

その中でも、特に効果アリなオススメの方法があります。

ぞの
ぞの
自分の気持ちを話すことです。

これを実践し始めてから、人と話をすることが楽しくなってきました。今までと違って、話が盛り上がることが増えてきたのです。

では、「話すのが苦手」を克服するのに、本で学んだオススメの方法について、詳しくお伝えしますね。

話すことが苦手でした

僕は、話すことがとても苦手でした。

食事をしている時や、一緒にどこかへ向かっている時など、ささいな時間に何を話せばいいかドギマギしていました。

ぞの
ぞの
嫌な沈黙の時間が流れることが日常茶飯事でした。かといって、勇気を出して話し始めたとしても、会話が盛り上がりません。

このような「話すのが苦手」を克服するために、本を読んで学ぶことにしました。

楽しく会話ができるようになりたかったのです。

本で「自分の気持ちを話す」ことを学んだ

いくつも本を読んだのですが、特に参考になった本は、野口敏さんの「誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール」です。

この中にある、次のような話し方のルールにヒントを得ました。

「事実」の後にちょっとした「気持ち」をプラスする。

思い返してみると、僕の話の中には、「気持ち」が入っていないことを自覚させられました。「事実」しか話していなかったのです。

例えば、こんな具合です。

ぞの
ぞの
昨日は、美味しいお寿司を食べに行ってきたんだよ。
ぞの
ぞの
今度、四国へ旅行に行くつもりなんだ。

コレだけ言われただけでは、聞いている側は何を答えたらいいか分かりませんよね。

このように、いつも「事実」しか話していませんでした。

実践したら、話が盛り上がるようになった

野口敏さんの「誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール」を読んで、「事実」の後にちょっとした「気持ち」をプラスする方法を知ってから、すぐに練習を始めました。

このように、話の中に自分の気持ち加えるようにしてみたのです。

ぞの
ぞの
昨日は、美味しいお寿司を食べに行ってきたんだよ。奮発したんだけど、めちゃくちゃ美味しくて幸せだった!(嬉しい気持ち)
ぞの
ぞの
今度、四国へ旅行に行くつもりなんだ。けど、台風シーズンだから、行けるか心配。(不安な気持ち)

すると、どうでしょう。

会話が盛り上がり始めたのです。

男性
Aさん
どこのお寿司屋さんへ行ったの?
女性
Bさん
何のネタが美味しかった?
男性
Cさん
台風、逸れるといいね。
女性
Dさん
四国へは、どんなことをしに行くの?

話し相手から、たくさんのツッコミが入るようになったのです。

話している僕は、会話が楽しくて仕方ありません。たくさん質問をしてくれるようになったので、会話が盛り上がるようになりました。

本で学んだことを実践してみて、本当によかったです。

まとめ

本で学んだことを実践したら、会話が盛り上がるようになりました。

ぞの
ぞの
自分の気持ちを話すことは、本当にオススメです。

僕はまだ実践し始めたばかりですが、すぐに効果が現れています。

いまは、もっとたくさんの人と話してみたい気持ちでいっぱいです。人生で初めてかもしれませんが、話すことが楽しいと思えています。

「話すのが苦手」な人は、参考にしてもらえると嬉しいです。

▼あわせて読みたい




記事のタイトルとURLをコピーする!
  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

この記事を書いた人

ぞの

ぞの

セッションが大好きなPoints of You認定トレーナー/身近なコト・便利なモノを紹介するのが好き/Points of You・ガジェット・タスクシュートなど、ライフハックにまつわる記事が得意

MacBook

まず最初に読んでほしい7つの記事

1000以上ある記事の中から、厳選した7つの記事をお届けします。