これだけ覚えたらOK!WordPressでよく使うMarkdown記法

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

最低限これだけ覚えておけば大丈夫な、WordPressでよく使うMarkdown記法まーくだうんきほうを紹介します。

僕はブログを始めて3年以上で、1日1記事ペースでの更新を続けてきました。週5日しっかり働くサラリーマンをやりながらなので、なかなか高頻度で更新してきた方だと思います。

しかし、この裏には、いくつもの更新頻度を高めるための工夫がされています。

その一つが、Markdown記法

めんどくさい”h2″や”blockquote”といったHTMLの入力を楽にしてくれます。

なので、WordPressでブログを書くすべての人にオススメしたいのですが、Markdown記法を覚えるのが億劫になってしまうかも知れません。いくつもの種類があって、全部覚えるのは大変なのです。

そこでこの記事では、最低限これだけ覚えておけば大丈夫なMarkdown記法だけを厳選してお伝えしますね。

  • 見出し2
  • 見出し3
  • 強調
  • 内部リンク
  • リスト
  • 引用

▼設定方法は、こちらの記事で解説しているので、チェックしていただけると嬉しいです。

Markdown記法とは

Markdown記法まーくだうんきほうとは何かですが、ウィキペディアにはこのように説明されています。

Markdown(マークダウン)は、文書を記述するための軽量マークアップ言語のひとつである。
本来はプレーンテキスト形式で手軽に書いた文書からHTMLを生成するために開発されたものである。

僕なりに翻訳すると、こんな感じです。

ぞの
ぞの
HTMLを超楽に書く手法

1日1記事のペースでブログを更新できている理由の一つに、Markdown記法は欠かせません。

HTMLは、たまに使うくらいだったら気になりませんが、毎日文章を書いていると、めんどくさくて敵いません。”h2″や”blockquote”を入力するのが、だんだんと嫌になってきました。

その”めんどくさい”を楽にしてくれるのが、Markdown記法です。Markdown記法を使うだけで、HTMLよりも労力が半分くらいになります。

ぞの
ぞの
WordPressでブログを書く人すべてに、Markdown記法を使うことをオススメします。

ただし、一口にMarkdown記法といっても、いくつも種類があるので覚えるのが大変です。

そこでこれからは、WordPressでよく使うMarkdown記法を厳選して紹介しますね。

WordPressでよく使うMarkdown記法

見出し2

ほぼすべての記事に使うであろう”h2″は、#(ハッシュタグ)二つと半角スペースを入力するだけで大丈夫です。”/h2″というように、閉じる必要もないので楽チンです。

見出し3

“h3″も、”h2″と同じです。#(ハッシュタグ)三つと半角スペースで大丈夫です。

強調

よく使う強調は、”*”(アスタリスク)2つ並べてテキストに囲むだけです。そうすると、このように強調された文字になりますよ。

内部リンク

内部リンクを設定したいときは、”[]”と”()”を並べて使います。

注意点としては、あくまで内部リンクということ。外部リンクは、HTMLを入力する必要があるので注意してくださいね。

リスト

  • リストは、
  • -(ハイフン)と
  • 半角スペースで、
  • 入力することかできます。

引用

引用を使いたいときは、>(不等号、大なり)と半角スペースで大丈夫です。

たったこれだけで、”blockquote”と同じことができます。

WordPressでMarkdown記法を使おう

Markdown記法は、HTMLでブログを書くよりも、手間が半分くらい減らすことができます。

圧倒的に、文字入力を数が少ないので、とっても楽をすることができるのです。

ブログを長く続けるコツは、楽に書くことだと思うので、Markdown記法を導入してみてくださいね。

設定方法は、こちらの記事で解説しているので、チェックしていただけると嬉しいです。

Markdown記法と併せて使えるテクニック

ブログの更新頻度を保つために、Markdown記法と併せて使えるテクニックもあります。

一つ目が、単語登録です。

Markdown記法を単語登録しておくことによって、Markdown記法の入力が楽になります。

そのため、HTMLを入力することを考えたら、天と地のような差がありますよ。

二つ目が、親指シフトです。

“ローマ字入力”や”ひらがな入力”のように、文字入力方法の一つです。

特徴は、日本語入力に最適なこと。

キーボードの配列が独自のものに変えることによって、タイピングの量がローマ字入力よりも4割ほど減らすことができます。

マスターするまでに3ヶ月ほどかかりますが、マスターするとこれからの人生におけるタイピング量が4割も減るので、投資効果は絶大です。

▼あわせて読みたい




記事のタイトルとURLをコピーする!
  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

この記事を書いた人

ぞの

ぞの

セッションが大好きなPoints of You認定トレーナー/身近なコト・便利なモノを紹介するのが好き/Points of You・ガジェット・タスクシュートなど、ライフハックにまつわる記事が得意

MacBook

まず最初に読んでほしい7つの記事

1000以上ある記事の中から、厳選した7つの記事をお届けします。