書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

20代という「瞬間」を全力で駆け抜けたい

マインドマップ

本田健さんの「20代にしておきたい17のこと」を読みました。

17のアドバイスを一つ一つ自分に当てはめて、できているかどうかをチェックしました!

そのなかでも、1番やらなければいけないと思ったのは、「自分の幸せの哲学を持つ」こと。

マインドマップ

広告

人生最大の失敗をする

成功した人に話を聞いてみると、彼らのほとんどが10代、20代で大失敗しています。
リスクを冒して失敗することは20代でできる、いちばんの財産です。
将来、「目を見張るような活躍」をするためには、「目を覆うような失敗」を恐れないことです。

第1章からグサッときました。
僕は、大失敗をした経験はありません。
無難に進学して、そこそこリスクはありましたが無事に就職して、いままで生きてきました。

失敗していないと言うことは、リスクをとっていないということです。
20代であることの最大のアドバンテージは、この世に後、50年は生きていられるということ。
それだけあったら、失敗も挽回することができるはずです。

冒してみたいリスクは、やはり起業。
だけど、現段階では、リスクではなくて無謀です。
無謀がリスクに変わるようにコツコツと準備していきたいですね!!

一流のものに触れる

「人生は自分が触れたものになる」
一流のものに囲まれて、一流のものにふれていると、やっぱり、一流に近づいていくようになります。
自分の環境をどうつくるか-それで、その人が変わります。

第3章にも大変共感します。
まわりの環境で自分が大きく変わっていきます。

1年前までは、いつも同じ友達たちと会っていました。
しかし、あるときから、職業も違えば住んでいる地域も違う、いろんな人に会うようになって人生が変わり始めています。

どう変わったからいうと、とにかく毎日が楽しいんです。

たとえば、プロブロガーである立花岳志さんに出会ってから、情報発信することがとっても楽しくなりました。
親指シフトをものくろさんに教えてもらってから、タイピングがとっても好きになりました。

お二方とも、その道では、プロフェッショナルです。
そんな出会いがたくさんあったので、楽しくブログを書けているんです。
環境が人を変えるということを信じているので、気になったイベントがあれば、積極的に参加するようにしています。

自分の幸せの哲学を持つ

20代にしておきたいこととは、結局のところ、「人生をどう幸せに生きるのか」を考えながら、その基盤を作ることに尽きます。
それは、自分にとって、「幸せとは何なのか」を明確にしていくステップともいえるでしょう。

この一年、ずっと考え続けてきました。
「自分にとっての、幸せってなんだろう」

その答えが、ようやく最近、見えてきたような気がしています。
ヒントは、このブログで見つけました。
「わかりやすく伝えること」が、自分にとっての幸せのキーワードな気がします。

幸せの定義は、これからも変わるだろうし、今でも、あやふやです。
本田健さんが、言っているとおり

あなたの幸せを決められるのは、あなただけです。

これからの20代という「瞬間」で、幸せとはなにかを見つけたいです!

みなさんにとっての「幸せの定義」はなんですか。

ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、"こちらから"ご覧いただけます。
〜記事を探す〜
〜記事を探す〜