書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

見出しなしでも更新!情報を発信することを大切にしたい

ノート

「書きたいことはあるんだけど、見出しどうしよう」

ブロガーなら、1度は悩んだことあるはず。
僕も、そのひとりです。

そんな時、師匠であるものくろさんが「見出しがない形でもどんどん発信していきます。」と言っていたので、僕もマネしてとにかく情報発信にこだわっていこうかなと思います。

広告

見出しなしでも更新

そもそも見出しってなんのためにあるんだろう。
僕の中では、「読者が文章を読みやすくするため」だと思っていました。

しかし、読みやすくするためだったら、「見出しって必ず必要なものではないよね」と気がつきました。
段落を変えたり、写真を挿入したりすることで、読みやすい構成になるのではないか。

見出しを考えることによって、自分の中にあるものをはき出すことが出来ない。
このことのほうが、読者に情報を提供することが出来ないという点において、不親切なのかなと思います。

Mac

少しでも、どんな形でも読者に役立ちたい。
自分の発信した文字の中で、読者の気付きに貢献できたら、最高にうれしい。

そのためには、見出しは必ずしも必要なものではない。
必要なのは、更新頻度を高めて、情報を発信することです。

はじめてこの見出しなしスタイルにチャレンジしました。

原則は、見出しありのほうが、読みやすい気がします。
なので、一つの選択肢として”見出しなしで更新”を取り入れようと思います。

ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、"こちらから"ご覧いただけます。
〜記事を探す〜
〜記事を探す〜