書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

「いやだ!」を声に出すと心の鎖が外れる!夢を見つける第一歩

いやだ!

「いやだ!」「やりたくない!」を声に出して言えていますか?

「夢リスト構築セミナー」の大塚彩子さんのワークで13回も言いました。

すると、テンションが上がって、心の鎖が外れたようなスッキリした感覚になりました。

広告

「いやだ!」を知る

子どもは、「いやだ!」と遠慮なく言っていますよね。
しかし、大人は思っても口には出しません。

周りに迷惑をかけてしまうと、脳にすり込まれているからです。

口に出さないことによって、欲望が欠落し、「やりたい!」まで言えなくなってきます。

「やりたい!」を見つけるためには、まず「いやだ!」を知る必要があります。

「いやだ!」を書き出す

やりたいことを見つけるためには、やりたくないことを知る必要がある。
なぜなら、やりたいことの中に、実は、やりたくないことも混ざっているかも知れないからです。
このことは、神田昌典さんの「非常識な成功法則【新装版】」で、学びました。

では、「やりたい!」を見つけるために、書き出した「いやだ!」を紹介します。

  • 残業したくない!
  • 満員電車に乗りたくない!
  • 運動不足になりたくない!
  • デブになりたくない!
  • ブログが書けないのはいやだ!
  • 本が読めないのがいやだ!
  • SNSが見えないのはいやだ!
  • 情報収集が出来ないのはいやだ!
  • 寝不足はいやだ!
  • お金がないと言いたくない!
  • つまらない人に会いたくない!
  • スーツを着たくない!
  • 部屋が汚いのはいやだ!

「いやだ!」を口に出してみる

書き出した「いやだ!」を今度は、口に出してみました。
一緒にワークをしている人には「いやだ!いやだ!」と合いの手を入れてもらいます。
自分「残業したくない!」→参加者「いやだ!いやだ!」という具合です。

すると、なにが起こったと思いますか?

テンションが上がってくるんです!
自分が抱えている悩みは、相手も似た悩みを持っているので、共感が生まれます。
相手に、分かってもらえると楽しくなってくるんです。

すべて言い終えた頃には、心の鎖が外れたようなスッキリした感覚が生まれました。

もう自分には怖いものはない。早く心を「やりたい!」で満たしたい。
味わったことのない感覚です。

このワークを実践するためには、口の堅い仲間と行う必要があります。
しかし、「やりたい!」を見つけるための第一歩には最適です。

勇気を持って実践してみてはいかがでしょうか。

関連エントリー

ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、"こちらから"ご覧いただけます。
〜記事を探す〜
〜記事を探す〜