体重計「Withings WS-50」はiPhone”ヘルスケア”との連携が便利!

▼みんなが注目している人気記事

この記事と関連する注目されている記事
Withings Smart Body Analyzer WS-50

「Withings Smart Body Analyzer WS-50」を購入した”ぞの(@z02n05)”です。

今年の目標は引き締まった身体になること。まずは、かっこいい体重計を手に入れるところから始めました。

iPhoneのアプリ「ヘルスケア」に自動でログが残るので、記録するのが楽ちんです。

広告

広告

「Withings Smart Body Analyzer WS-50」を選んだ理由

数ある体重計のなかで、これを選んだ理由は3つあります。

  1. 見た目がかっこいい
  2. 体重計に乗ったらスマホに自動で記録される
  3. iPhoneのアプリ「ヘルスケア」と連携できる

1と2については、他の体重計でも似たものは何種類もあります。しかし、3.「ヘルスケア」と連携できる体重計は、「Withings」のものしか見つけることができませんでした。

iPhoneの純正アプリ「ヘルスケア」と連携することによって、アプリ一つで体重&睡眠&歩数などを管理できるようになります。

ヘルスケア

体脂肪やBMIの推移も登録することができます。

ヘルスケア

設定方法を解説します

Withings Smart Body Analyzer WS-50

開封の儀を行ったあとに、やることは専用のアプリのダウンロードです。

Withings

iPhoneのBluetoothメニューからペアリングを行います。体重計の裏のBluetoothボタン2秒くらい押すと、iPhoneに表示されるようになります。Bluetooth接続を設定しておくことで、Wi-Fi環境がない人でも使えます。

Bluetooth

Bluetooth

ペアリングが完了したら、アカウント登録や目標体重などを設定するように促されます。(アカウント登録は必須と思われます)

アカウント登録

目標体重

Wi-Fi環境がある人は、Wi-Fiの設定も行っておきましょう。自動で記録してくれるので、かなり便利になります。

ここまで行うと登録完了です。体重計に乗ると、このように計測してくれます。最初の計測は、反応がやや遅くて心配になりましたが、2ヶ月使っていて記録が失敗したことはありません。

Withings

この体重計は、空気の質まで計測してくれます。「いるか?」と思いましたが、測ったことがなかったので良い機会でした。

空気の質

iPhoneの純正アプリ「ヘルスケア」の設定は、「Withings」アプリの左上メニューの「プロフィール」から行うことができます。

ヘルスケア

設定方法は、とっても簡単です。iPhoneで設定しましたが、Android端末を持っている人も、Withingsの体重計を使うことができます。

さいごに

今年の目標は、inbodyのフィットネススコアを80点にすることです。(ソフトマッチョくらい)

毎日の体重測定を楽にして、レコーディングダイエットからはじめていきます。

あなたも一緒にがんばりましょう!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

記事が気に入ったら
いいね!をクリック

Twitter で

▼「ぞの」とは誰か?その答えは(z0n0)マークの中に!

「ぞの」とは誰か?その答えは(z0n0)マークの中に!

"ぞの(z0n0)"。平成生まれのサラリーマン×ブロガー。

600を超えるブログ記事では、あなたがやってみたいと思ったときの勇気に繋がるような、学びや挑戦の体験記を綴っています。

詳しいプロフィールはこちら

▼こちらからfeedlyに登録すると、更新情報の見逃しがなくなります。

follow us in feedly