書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

親指シフトでのタイプミスは語彙力の少なさにあり!

Mac

親指シフトでの入力がなければ、ブログを書きたくないと思っている”ぞの”です。

毎日トレーニングを重ねている中で、ミスタイプの原因を突き止めました。

それは思考にない言葉をタイプすると、ミスをするということです。

広告

トレーニングでの気付き

毎日のトレーニングは「寿司打ち」というタイピング練習のサイトを利用しています。

流れてくる言葉をひたすらタイプして、どれだけお得に食事できたかで採点されます。

ミスするのは、普段使うことのない言葉も流れてきたときです。

見た瞬間に口に出せるような言葉はミスが少ないですが、一瞬でも考えてしまう言葉はよくタイプミスをしています。

思考と指が連動しなきときにタイプミス

親指シフトで入力していると、指がしゃべるという感覚になります。

話しているときと、同じ感覚でタイピングすることができるのです。

しかし普段使わない言葉だと、思考にないので指と思考が連動せずミスタイプとなります。

例えば、「ケーキおいしそう」といった言葉はスムーズにタイプできますが、「バングラデッシュ人」といった見慣れない・思考にない言葉はタイプミスが多いです。

さいごに

親指シフトをさらに上達させるためには、語彙力も必要だと気が付きました。

みなさんも苦手を探して、親指シフト上達に励みませんか。

親指シフトが気になる方へのオススメ記事

ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、"こちらから"ご覧いただけます。
〜記事を探す〜
〜記事を探す〜