書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

iPhoneアプリ「Due」で「Toggl」の付け忘れを防止するにはURLスキームを使う

スマホを触る

Togglを使ってライフログを取り始めましたが、付け忘れてしまうことがしばしば。

そんなときに役立ったのがリマインダーアプリ「Due」です。

URLスキームを使えば、ライフログの付け忘れを減らすことができます。

広告

リマインダーアプリ「Due」とは

「Due」には、リマンダーアプリに必要な機能がすべて詰まっていると思っています。

リマインダーを設定する画面はこちらです。

Due

上段

  • スヌーズ
  • 繰り返し
  • アラーム音

中段

  • 項目設定
  • 時間設定

下段

  • ゴミ箱
  • 共有
  • 完了

これらの機能が一つの画面でできてしまうのが「Due」のすごいところです。
画面の切替が少ないので、設定がとっても楽ちん。

特に“共有”があるのが嬉しいポイントです。
この画面からEvernoteへメモを送ったり、メールを作成したりすることが可能です。

共有

URLスキームが便利すぎる

URLスキームとは、アプリから別のアプリを呼び出す魔法のようなものです。

ピンと来ないと思うので、設定している画面を紹介します。

僕はライフログを記録するため、「Toggl」というアプリを使っています。

「Toggl」を使って7つの習慣に沿った優先事項の領域分けを紹介しましょう

ライフログでありがちなのは、“ログの付け忘れ”です。

そんな時に役立つのが、リマインダーアプリ「Due」とURLスキームです。

これは仕事が始まるときの付け忘れ防止策です。
togglの項目設定にある赤い文字「com.toggl.timer://a」がURLスキームです。

urlスキーム

始業時間の3分前にリマインダーアプリ「Due」によって、「Togglを開け」と指示が飛んできます。
そして右下にあるチェック(完了)を押すと、完了にするかTogglを開くかを選択できます。

これによって仕事が始まるときの付け忘れを防止しています。

選択

このほかにも、仕事が終わるときの通知や毎日見るEvernoteのノートブックなどを「Due」に設定しています。
習慣化を根付かせるために、重宝しているアプリです。

さいごに

リマインダーアプリにTogglを開くための通知を設定しておくことによって、ライフログの付け忘れを減らすことができます。

またURLスキームはさまざまなアプリに設定されているので、調べるとたくさん例が出てきます。
「Due」と組み合わせることで”忘れっぽい”を防止することができますよ。

ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、"こちらから"ご覧いただけます。
〜記事を探す〜
〜記事を探す〜