書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

リマインダーアプリ「Any.Do」と「Due」の使い分けは時間が決まっているタスクかどうか

iPhoneホーム画面

リマインダーアプリを使って物忘れを防止している”ぞの”です。

「Any.Do」と「Due」の二つのアプリを、時間が決まっているタスクかどうかで使い分けています。

さっそく紹介します。

広告

Any.Doの使い方

Any.Doは、タスクを行う時間を設定する必要はありません。

項目はこの4つから選ぶことができます。

  • 今日
  • 明日
  • 近日中
  • いつか

とくに“近日中”がお気に入りポイントです。

「近いうちに、あの本が読みたいな」など、ふと思ったときに登録することができます。

Any.Do

Dueの使い方

Dueはタスクを登録するときに、時間を設定する必要があります。

決まった時間になったら、やるべきことがあるときに便利です。

例えば、仕事が終わる時間に「傘を持って帰る」という通知などに使っています。

Dueは画面展開することなく時間や繰り返しなどを設定できます。

Due

Any.Doでも時間などを設定することはできますが、少しだけ設定のしにくさを感じます。
こういった細かな違いが、アプリを使い続けるかどうか左右しますよね。

さいごに

時間が決められていないタスクはAny.Do、時間が決められているタスクはDueという使い分けがしっくりきています。

あなたも物忘れ防止のために、リマインダーアプリを使ってみませんか。

ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、"こちらから"ご覧いただけます。
〜記事を探す〜
〜記事を探す〜