三日坊主からの脱却!筋トレを続けるための3つの方法

筋肉

筋トレをはじめた数とやめてしまった数が同じ”ぞの(@z02n05)”です。

今年の目標は、inbodyのフィットネススコア80点にすることです。

今回こそは、三日坊主にならないように継続する方法を考えたので紹介します。

三日坊主になる理由

筋トレを止めてしまうパターンは、いつも決まっています。

忙しいなどで、継続が途切れてしまったときに続かなくなってしまいます。

はじめたら続くけど、継続記録が途切れたら気力がなくなってしまいます。

そこで考えたのが、次の3つの方法です。

  1. 人に宣言する
  2. 筋トレグッズを目につくところにおく
  3. iPhoneアプリ「Good Habits」を使う

人に宣言する

人に宣言すると、近状を聞かれるようになります。

「まだ筋トレ続いてる?」「成果はどう?」

筋トレは多くの人にとって関心のある出来事です。
そして多くの人は挫折の経験があるでしょう。

そのため他人が筋トレしていることを知ると、ついつい聞きたくなるみたいです。

このときに、よい成果を言いたいという気持ちになるので、宣言が継続するモチベーションに繋がります。

また宣言すると、なぜか叶っていることがよくあります。

言ったからにはやらなければいけないという、ストレングスファインダーの”責任感”も発揮されます。

筋トレグッズを目につくところにおく

筋トレグッズを使って、腕立て伏せや腹筋をしています。

筋トレを続けるために、これらのグッズを部屋の邪魔になるところにおいています。

目につくので、筋トレを忘れることが少なくなります。

筋トレグッズ

iPhoneアプリ「Good Habits」を使う

iPhoneアプリ「Good Habits」は、習慣を根付かせるための強力なアプリです。

継続した日数が、カウントされていくのがポイントです。

一日でも筋トレをやめてしまうと、カウントが0になってしまいます。

そのため、少しでも筋トレしようという気持ちになります。

さいごに

今回の筋トレは、続く予感がしています。

継続を途切れさせないための仕組みを考えたからです。

あなたも自分なりのやり方を考えて、僕と一緒に筋トレ始めませんか。

記事のタイトルとURLをコピーする!




▼あわせて読みたい

ぞのセレクト

生活を支える厳選23アイテムをご紹介しています。
Apple製品を始めとしたガジェットから、ちょっと便利な文房具まで。