書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

「稼ぐ言葉の法則 神田昌典さん」ほんの少し言葉を変えるだけ

稼ぐ言葉の法則

「やられた」

「稼ぐ言葉の法則」を読んで、一番最初に出てきた言葉です。

非常識だけど納得がいく、稼ぐための言葉の力を知ることが出来ました。

広告

言葉の力

ブログを始めてから、言葉の力の威力に驚かされる毎日です。

  • 記事のタイトルを少し変えるだけで、アクセスが大幅に増加。
  • 強調したい言葉を、明確にするとコメントがもらえる。

ほんの少し言葉を変えるだけで、人の心への響き方が違うことを感じています。

本書で、紹介されてる 「稼ぐ言葉の法則」も同じです。

どれもほんの少し言葉を変えるだけなのですが、言葉から受け取る印象が全然違います。

「稼ぐ人」の言葉は、心がワクワクしてくるのです。

相手のワクワクを狙う

本書では、違いを分かりやすくするため「貧す人」と「稼ぐ人」の言葉が紹介されています。

どちらも一見すると、変わりはないように思えます。

しかし、「貧す人」の例をほんの少し言葉を変えるだけで「稼ぐ人」に様変わりします。

ポイントは、相手をワクワクされることができるかのように思います。

  • 現在 → 未来
  • これ → “これ”と”あれ”
  • 事例 → イメージ
  • 会社 → 自分
  • 勝てる → 超える

同じ商品を説明するとき、右側「稼ぐ人」の言葉だと、ワクワクが増加します。

内容は同じでも、ほんの少し言葉を変えるだけで、心への響き方が変わることに驚きです。

さいごに

最初の1行目は、こんな言葉から始まっています。

ぶっとばす。
立ち上がれないほどに、ぶっとばすから、
覚悟してほしい。

いくら非常識な神田さんでも、これは言い過ぎだろうと思いました。

しかし、読み終えたあとの最初の感想は、「やられた」です。

見事にぶっ飛びました。

言葉の力を知りたい人は、手にとってみてください。

稼ぐ言葉の法則――「新・PASONAの法則」と売れる公式41
神田 昌典
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 19

次に読んでもらいたいエントリー

  • スキルを学ぶために独学ではなくセミナーへ参加する3つの理由 | ぞのドットコム
  • 【7つの習慣】第二領域の定義を「夢に近づくこと」に決めました | ぞのドットコム
  • 「仕事は楽しいかね? デイル・ドーテン氏」試してみることに失敗はない | ぞのドットコム
  • 「チーズはどこへ消えた?」変化に対する勇気はありますか | ぞのドットコム
  • 「決めた未来しか実現しない 本田健さん」今は未来によって作られている | ぞのドットコム
  • ぞの
    平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
    書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
    詳しいプロフィールは、"こちらから"ご覧いただけます。
    〜記事を探す〜
    〜記事を探す〜