神社ミッションで変わった!幸せなことにお金を使おう!

着物の女性

「お金はない」と言われながら育ってきた”ぞの”です。

「神社ミッション」を行って、お金の価値観が変わってきました。

「ないから使わない」のではなく、「ないけど使う」ようになったのです。

「お金はない」教育

親からは、「うちにはお金がないから、無駄遣いはするな」と言われ育ってきました。

Amazonから荷物が届くと、「また、無駄遣いして」と小言が飛んできます。

しかしこれは、間違っているように感じます。

預金通帳の金額は減りませんが、心の幸せから遠のいているからです。

神社ミッションで変わった

「神社ミッション」をして「お金はない」という考えから一歩だけ踏み出すことができるようになりました。

「神社ミッション」は、神社の賽銭箱にポイッっと1万円札を投げ入れる行為のことです。

正月に実行したときの、心境は「こんなもんか」程度でした。

しかし、今になって「神社ミッションのおかげで変わったかも!」と感じています。

お金を使うことに対しての抵抗がグッっと減ったのです。

ないけど使う

お金はないけど、使えば入ってくると信じるようにしています。

会いたい人に会いに行くため、東京や大阪へ遠征する。
大好きなガジェットを次々と購入する。

ただただ、お金を使っているだけなので、預金通帳の金額は減っています。

しかし、心の幸せはものすごい勢いで満たされています。

さいごに

預金通帳の金額に変動が少ない生活。
どんどん金額が減っていくけど、好きなことをする生活。

あなたならどちらに幸せを感じますか?

お金の価値観について、少しだけ考えてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

記事のタイトルとURLをコピーする!




▼あわせて読みたい

ぞのセレクト

生活を支える厳選23アイテムをご紹介しています。
Apple製品を始めとしたガジェットから、ちょっと便利な文房具まで。