「ベンハムの独楽 萩原凉介さん」色のない世界が突然やってきたら

ベンハムの独楽

朝ベッドで目が覚めると、世界がモノクロになっていた。

人の顔が灰色。窓の外も灰色。テレビを見ても灰色。

あるのは灰色のグラデーションだけ。

こんな世界が突然やってきたら。

世界が灰色になったのは僕だけ。

誰に言っても理解されない。

時間が経っても症状は変わらない。

すべてのものに味気がない。

なくなってから気が付いた。

色が世界を作っていたことを。

色があることは、僕にとっての当たり前だった。

失った途端に世界が変わってしまう。

僕は世界の中で生きている。

世界は大きく、変えることはできない。

僕は小さく、変わることができる。

僕は、受け入れなければならない。

いまの世界を。

僕は、動き出さなければならない。

色を見つけるために。

僕は、楽しめるだろうか。

色のない世界を。

記事のタイトルとURLをコピーする!




▼あわせて読みたい

ぞのセレクト

生活を支える厳選23アイテムをご紹介しています。
Apple製品を始めとしたガジェットから、ちょっと便利な文房具まで。