書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

【FeBe】オーディオブックに改善してもらいたい3つのポイントと最強の解決策

ヘッドホンの男性

スキマ時間には、オーディオブックが欠かせない”ぞの”です。

そんなオーディオブック好きですが、改善してもらいたいことがいくつかあります。

その中の3つのポイントと、最強の解決策を紹介します。

値段が紙の本と同じ

FeBeで発売されているオーディオブックは、紙の本と値段が同じです。

収録や編集にコストがかかってしまうことは、想像できます。
しかし、電子書籍のような割安さがないために、普及が遅れているように感じています。

オーディオブックを使ったことがない人は、同じ値段だと本を選んでしまうからです。

本の発売とタイムラグ

オーディオブックの発売は、本が出版されてから、かなりタイムラグがあります。

音声を収録しなければいけない、本の売れ行きから作成を判断しなければならない。
遅れる原因には、こういった背景が想像できます。

しかし、僕は、本が発売してからすぐにオーディオブックで聞きたいと思っています。

現在は、本を読んでよかったからオーディオブックでも購入しています。
この購入の流れが逆になると、かなり嬉しいです。

スキマ時間に、倍速でオーディオブックで聞いてから本の購入を決める。
本を読む前に、オーディオブックで聞いておくと、潜在意識に内容が刻まれて、読書が捗るように思います。

添付資料を見やすく

オーディオブックについている、添付資料を見たことがありません。

なぜなら、聞いているときは、スマホで違う画面を見ているか、スマホを取り出すことができない状況だからです。

オーディオブックは、スキマ時間に大活躍するのです。オーディオブックがメインで活躍する時間は、ありません。

なので、添付資料も聞くだけで分かるようになると嬉しいです。

最強の解決策

これらの改善ポイントの最強の解決策があります。

それは、「ユーザーが増えること」です。

当たり前なことですが、これに尽きます。

たくさんの人が利用することで、サービスが向上するのは、間違いありません。

一冊当たりのコストが削減され、本が次々にオーディオ化され、より聞くことに特化されていくと思います。

さいごに

オーディオブックは、まだまだ伸びしろがある分野です。

スキマ時間に本を聞くことができる魅力は、もっと注目されてもいいと思っています。

あなたはオーディオブックを使ってみたことがありますか。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で