書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

ポケットサイズのロルバーン スマホでメモできない時に大活躍中

ロルバーン

ポケットに入るサイズの「ロルバーン」を使っている”ぞの(@z02n05)”です。

仕事中など、スマホが使えないときのメモとして大活躍しています。

持ち歩きだしてから、思いついたアイデアを忘れることが少なくなりました。

スマホが使えないときに便利

  • 仕事中にスマホを触っていると白い目で見られる。
  • お客さんの目の前だからスマホを出せない。
  • 後でメモしようとしても思い出せない。

「その場でメモしておけば良かった」

こんな後悔をしないために、ポケットに入るサイズの「ロルバーン」がおすすめです。

よくあるノートとの違い

ロルバーンの特徴は3つあります。

  1. 表紙が堅く折れ曲がらない
  2. ノートが開かないようにゴムがついている
  3. 用紙に切り取り線が入っている

よくあるノートだと、変形してしまうことがあります。
スマホが紙の間に入って、紙がグチャグチャになることも・・・

ロルバーンだとそんな心配はありません。
表紙と背表紙が厚紙になっているので、ノートが変形することはありません。
ノートが開かないようにゴムもついています。

ロルバーン
用紙を切り取りやすくするために、切り取り線が入っているのもうれしいポイントですね。

ロルバーン

アイデアはいつ出てくるかわからない

アイデアとは、既存のものとの組み合わせで生まれます。いつ何時、思いつくのか分かりません。

歩いているときや、話をしているときに、ふとアイデアを思いついた経験があるかと思います。

「アイデアのつくり方」アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ

スマホを使えるときなら、ノートは不要ですが、使えない場面もよくあると思います。

そんな時に、ポケットからロルバーンを取り出すのです。

ノートだったら、取り出して書いていても、白い目で見られることはありません。

お客さんの前でも、スマホに比べたら出しやすいのではないでしょうか?

さいごに

書くためのペンは、スマホが使えないとき、近くにあることが多いので持ち歩いていません。

ロルバーンを使い出してからアイデアを忘れることがグッと減りました。

あなたのポケットにも、入れてみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で