書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

自分が読みたくない文章にならないために気を付けている3つのこと

お母さんの気を握る赤ちゃん

“ぞの”が目指している文章は、スッキリと読み終えることができる文章です。

なぜなら、自分が読みやすいと思えるからです。

それでは、スッキリと読み終えてもらうために、気を付けていることを紹介します。

広告

難しい言葉を使わない

専門用語をなるべく使わないようにしています。

見たことがない言葉があると、どういう意味か考える必要があります。そのため、読んでいる流れが止まってしまうのです。

漢字は全体の3割

漢字が多いと文章が固くなりがちです。ひらがなと比べて、画数が多いからです。

また、固い文章は、読むときに身構えてしまいます。専門用語と同じく、流れがうまれにくいのです。

多くて1500文字

文章が長くなると、伝えたいことが分からなくなってしまいます。情報収集しているときも、短い文章を読んでいることが多いです。

その目安が、僕の場合1500文字です。これを越えそうなときは、2つか3つに記事を分けています。

さいごに

自分が読みたくない文章を書かないように気を付けています。

あなたは、文章を書くときにどんなことを気を付けていますか?

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、"こちらから"ご覧いただけます。
〜記事を探す〜
〜記事を探す〜