フォトリーディング講座受講1周年企画!初島メモリアル合宿!

満開の桜

フォトリーディング講座を受講して1年が経った”ぞの”です。

一緒に読書を続けてきた仲間と「初島」で合宿を行ってきました。

1年続けて、感じていることを紹介します。

本の読み方が変わった

フォトリーディングという読書法を身につけて、1番変わったことは本を読む目的です。

本は、幼い頃からずっと好きでした。
小説を読んだり、自己啓発本を読んだりジャンルを問わず読みまくっていました。

フォトリーディングでは、本を読む目的を一番大事にします。
目的を持って、読まなければ早く情報をキャッチできないからです。

なんのために読むのか考えたことがなかった僕は、かなり悩みました。
しかし、がむしゃらにフォトリーディングをしてようやく分かりました。

僕にとって、本を読む目的は、「行動するため」だと。

気が付いたきっかけは、言うまでもなくブログです。
「読んでもらいたい本を紹介できるように読む」ということを続けていたので気が付きました。

仲間の存在

仲間がいなければ、フォトリーディングの技術を習得できなかった。

間違いなく断言できます。
一人で本を読んでいたら、途中で飽きていたでしょう。

FacebookグループやSkypeを通じて、情報交換したり悩みを相談し合いながら続けたおかげです。
今となっては、人生の相談などプライベートな話も気軽にできるようになりました。

初島開催

今回、初島で開催したのは、仲間が静岡県に住んでいるからです。
半年に一度、開催されているフォトリー合宿は、仲間が住んでいるところに集まって行うのです。

ちなみに前回は、僕が住んでいる名古屋に集結しました。
こうして集まり、熱く本音で話し合える仲間の存在に感謝です。

さいごに

フォトリーディング講座を受講して1年が経ちました。

読んだ本の数は覚えていませんが、ほぼ1日1冊ペースで読んでいます。

今思えば、講座を受講した価値は、仲間との出会いにあったように思います。

あなたも仲間と合宿を行ってみてはいかがですか?

記事のタイトルとURLをコピーする!




▼あわせて読みたい

ぞのセレクト

生活を支える厳選23アイテムをご紹介しています。
Apple製品を始めとしたガジェットから、ちょっと便利な文房具まで。