書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

ことわざ「鉄は熱いうちに打て」のようにブログ記事も気持ちが熱いうちに書くべき

燃えさかる炎

気になったことは、すぐに記事にしている”ぞの(@z02n05)”です。

なぜなら、熱が冷めてしまうと書けなくなってしまうからです。

旬な気持ちのまま書かないと、周囲からの反応も良くないことにも気が付きました。

広告

「鉄は熱いうちに打て」ということわざの意味

このよく聞くことわざには、二つの意味があります。

  1. 鉄は、熱して軟らかいうちに鍛えよ。精神が柔軟で、吸収する力のある若いうちに鍛えるべきである、というたとえ。
  2. 物事は、関係者の熱意がある間に事を運ばないと、あとでは問題にされなくなるというたとえ。

ブログを書いていて感じるのは、後者の意味です。

イベントに参加したことを書くのであれば、すぐに書かないと参加者に読んでもらえません。
本が発売されたなら、すぐに読んで書かなければアクセス数が伸びにくいです。

気持ちが冷めてしまう

行動したことを記事にしているのであれば、自分の熱も冷めてしまうことに気が付きました。

「あれもこれも書きたい!」

この気持ちを後回しにすると、書きたい熱が一気に冷めてしまうのです。

冷めたものを温めるのは、非常に難しいです。
なんとか書き上げたとしても、文章に熱がこもっていない感じがします。

そのため、読者からの反応もイマイチになってしまうのです。

さいごに

書きたい気持ちが出てきたら、すぐに書くようにしています。

どうしても書けない状況のときは、スマホやロルバーンのノートに熱のこもったメモを残しています。

そして、スキマ時間に少しずつ文章化していくのです。

あなたは書きたい熱があるときに、記事を書くことができていますか?

ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、"こちらから"ご覧いただけます。
〜記事を探す〜
〜記事を探す〜