書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

【瀬戸芸】小豆島を1日で満喫 土庄港 草壁港 馬木・醤醢の里

小豆島

甲子園で小豆島高校が頑張っている中、小豆島を観光していた”ぞの”です。

小豆島は、瀬戸内に浮かぶ島の中で一番大きいです。

本来なら2日かけて見るところを、主要な地区に絞って1日で回ってきたので紹介します。

土庄(とのしょう)港

土庄港は、他の島とのアクセスがしやすい港です。

まず出迎えてくれるのが、こちらの「太陽の贈り物」です。

小豆島で有名なオリーブの葉をイメージして作られています。
よく見ると、島の子どもたちからのメッセージが刻まれています。

小豆島9

小豆島10

港にある「アートノショーターミナル」にも面白い作品があります。

小豆島11
太鼓を叩くと布が波のように動く作品や、ドラゴンクエストを思い出すような作品が展示されています。

小豆島12

小豆島20

土庄小学校

小豆島3

土庄港から自転車で15分ほどにある土庄小学校では、小豆島で見つけられる面白い一場面の写真が並べられています。
土庄小学校を見てから散策すると、「ここで撮影した写真だ!」と発見することが出来ます。

小豆島4

小豆島5

迷路のまち

小豆島1

小豆島を観光するなら「迷路のまち」は外せません。

クイズを解きながら、ゴールのこの作品を目指します。
全問正解すると、入るためのカギを開けてもらえて、中の作品を楽しむことができます。
(縦に入っている線が小豆島を走る大きな道路。左上のMeiPAM 1(2,3もあります)は作品の場所を示しています)

小豆島6

小豆島は海賊から身を守るために、迷路のように家が建てられています。
地図を持っていても迷うので、近くにいる観光仲間と協力するのがおすすめです。

ここの地区は家の中にある、迷路や仕掛け、作品の展示を楽しむことができます。

小豆島18

小豆島

草壁港

草壁港は、オリーブ公園や坂手港付近の作品を見に行く拠点にした場所です。
ここの港に荷物を預け、自転車をレンタルしました。

香川名物のうどんや、小豆島で採れた食材を使ったアイスクリームを食べることも出来ます。

うどん

アイスクリーム

馬木・醤醢の里

草壁港から自転車で15分ほどにある馬木・醤醢の里には、多くの作品が展示されています。

この「オリーブのリーゼント」は、誰が見ても美しいと思えるカーブを描いているそうです。
リーゼントのカツラが近くに置いてあるので、記念撮影にはピッタリの場所です。

小豆島17

醤醢の里は、お醤油が有名な地域です。
そのため、醤油の蔵を利用した展示が多いのも特徴です。

小豆島8

さいごに

小豆島はかなり大きな島のため、すべてを回ろうとすると2日は必要です。
主要な地域を回るだけなら、紹介したように2カ所ほどに絞った方が楽しめると思います。

あなたも大きくて、作品がたくさんある小豆島を巡ってみてはいかがでしょうか?

瀬戸内国際芸術祭2016公式ガイドブック
現代企画室 (2016-03-12)
売り上げランキング: 70

次に読んでもらいたいエントリー

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で