書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

9.7インチのiPad Air 2を高スペックモデルに買い換えた理由

iPad Air 2

「iPad Air 2」(Wi-Fi+Cellularモデル、64GB)を購入した”ぞの”です。

以前から使っていた「iPad Air 2」(Wi-Fiモデル、16GB)からの乗り換えです。

乗り換えた最大の理由は、スペック不足によるストレスでした。

広告

タブレット歴3台目

「iPad Air 2」(Wi-Fiモデル、16GB)は、2台目のタブレットです。
以前使っていたNexus7が、Android端末なので、自分には合わないと感じて乗り換えました。

そして、3代目のタブレットとして選んだのが、「iPad Air 2」(Wi-Fi+Cellularモデル、64GB)です。

スペック不足が気になっていた

どこに行くにしても「iPad Air 2」(Wi-Fiモデル、16GB)を持ち歩いていました。

本を読むのが好きなので、Kindleアプリに何百冊もダウンロードしています。また、一眼レフで写真を撮ったときに、その場で確認するため、Eyefi Mobiもフル活用していました。

Nexus7に比べて、動作が自分好みでとても気に入って使っていましたが、一つだけ気になることがありました。

それは、容量不足です。
どんな使い方をするか分からず、16GBモデルを購入したため容量不足がストレスに感じていました。
Kindleアプリの本を削除したり、Eyefi Mobiを使うのを控えたりしていたのです。

生活を便利にするためのタブレットなのに、使いすぎを気を付けなければいけないことに大きな不満を感じていました。

「iPad Air 2」(Wi-Fi+Cellularモデル、64GB)に期待すること

「iPad Air 2」(Wi-Fi+Cellularモデル、64GB)は、「iPad Air 2」(Wi-Fiモデル、16GB)に比べて、容量が4倍あります。
そのため、KindleアプリやEyefi Mobiを使うときに容量を一切気にしなくて済むようになると思っています。

さらに、Cellularモデルなので、SIMカードを入れておけばテザリングする手間もなくなります。
SIMフリー端末として使っているXperiaのSIMカードを、「iPad Air 2」でも使うことが出来るのです。(僕はドコモで契約したので、ドコモのSIMとIIJmioのSIMが使えます。)

さいごに

先日、「iPad Pro 9.7インチ」が発表されましたが、僕にとってタブレットはサブ機なので、「iPad Air 2」で十分な性能だと思っています。

新モデルが発表されて価格が下がったことも購入した要因の一つです。

あなたもiPadが気になったら、「iPad Air 2」の購入を検討してみてはいかがですか?

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、"こちらから"ご覧いただけます。
〜記事を探す〜
〜記事を探す〜