書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

iPadをセルラーモデルにした2つのメリット。Wi-Fiモデルから乗り換えた体験談を紹介します。

iPadおじさん

「iPad Air 2」をWi-Fiモデルからcellular(セルラー)モデルに乗り換えた”ぞの”です。

まだ乗り換えて間もないですが、今まで以上にiPadを使うようになりました。

その理由は、紹介する2つのことが便利になったからです。

広告

テザリング、Wi-Fi接続の手間がない

Wi-Fiモデルは回線がないため、ネットを使うときはテザリングをする必要がありました。
たった数秒で出来ることですが、とにかくめんどくさく感じていました。

それはスタバなどのフリーWi-Fiスポットへ行っても同じです。
いちいち接続するのが手間だと感じてしまいます。

cellular(セルラー)モデルの場合、回線契約したSIMカードを挿しておけば、いちいち接続する必要がなくなります。
たった数秒の手間の違いで、iPadの使用頻度が大きく変わりました。

大画面のおかげでiPhoneを触らなくなった

「iPad Air 2」は、9.7インチでとても大きな画面です。
使っているiPhone6Plusと比べると、画面の大きさは3倍ほど増えます。

そのため、調べ物をするときにかなり便利。
一度に見える文字数が多くなり、必要な情報を見つけることが早くなるのです。

Wi-Fiモデルではテザリングが必要だったため、この良さに気が付くことが出来ませんでした。

さいごに

cellular(セルラー)モデルを使い始めるまでは、テザリングをしないことが、こんなに便利だと気が付きませんでした。
たった数秒のことが、使用頻度に大きな影響を与えていたのです。

Wi-Fiモデルを使っているあなたも、cellular(セルラー)モデルに乗り換えてみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で