書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

「もしイノ 岩崎夏海さん」活躍できる居場所はどこにあるか

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「イノベーションと企業家精神」を読んだら

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「イノベーションと企業家精神」を読んだら」を読んだ”ぞの”です。

88回も使われている「居場所」という言葉に、人生のヒントを見つけました。

僕たちがやるべきことは、活躍できる居場所を見つけることなのです。

広告

活躍できる居場所を選ぶ

人には、それぞれ活躍できる居場所があります。

野球で例えるなら、このような場合が考えられます。

  • 速い球が投げられたらピッチャー
  • 頭が切れる人はキャッチャー
  • 足が速い人はピンチランナー

イチローが野手として世界で活躍しているのは、走攻守が人よりも得意だったからです。
ピッチャーもしていましたが、世界で活躍できるレベルではありませんでした。
そこで、野手という居場所を選んだ結果、今のイチローがいるのです。

居場所を見つけるとやる気アップ

自分の居場所を見つけると、そこにいることが快感になります。
やるべきことが明確になり、居場所に対して誇りを感じるようになるからです。

居場所が分からなければ、自分の行動は半信半疑になりがちです。
半信半疑なことに対して、誇りを感じることはありません。

自分の居場所に対して、責任を持つようになるため、やる気アップにつながるのです。

さいごに

マネジメントという言葉から、「管理する」「分析する」などいろんな意味が想像できます。

その中でも、本書で登場する「マネジメントとは居場所を作ること」という意味が、とてもしっくりきています。

自分をマネジメントするということを耳にしますが、ようやく意味が分かりました。

あなたは、自分をマネジメント出来ていますか?

次に読んでもらいたいエントリー

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で