書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

カメラ初心者がレンズフードを付けて気が付いた3つのこと

レンズフード

一眼レフカメラを使い始めた”ぞの(@z02n05)”です。

写真家さんがよく使っているレンズフードを、なぜ必要なの分からずに購入してみました。

カメラ初心者の僕が、気が付いた3つのことを紹介します。

広告

レンズフードを購入した理由

僕が使っている一眼レフカメラは、Canon EOS Kiss X50 です。
レンズは、標準で付いていたEF-S18-55mm F3.5-.5.6 IS II というものです。

レンズフードに興味を持ちだしたのは、一眼レフの教科書に出てくる人たちがレンズフードを付けていたからです。
レンズフードを付けるメリットなどは調べてみましたが、言葉では理解できないことが多かったので購入してみました。

カメラの付属品は高価なイメージですが、レンズフードは1,000円台から購入が可能なので、気軽に注文できます。
EF-S18-55mm F3.5-.5.6 IS II を使っている人は、EW-60Cという型番のレンズフードです。EW-63Cと間違えやすいので注意してください。)

レンズに指紋がつかない

いくら気を付けていてもレンズに指紋がついてしまうことがあります。
しかしレンズフードを使い始めてから、指紋がついてしまう回数が劇的に減りました。

指があたりそうになったら、レンズフードがガードしてくれるのです。

また、レンズの破損防止にも効果的です。
レンズに直接、衝撃が加わることが少なくなるからです。

カメラケースに入らなくなる

レンズフードを購入する前は、想像していなかったトラブルが発生しました。
それは、カメラケースに入らなくなったことです。

こちらのケースを使っていましたが、レンズフードを付けたことで入らなくなってしまいました。
カメラのサイズにピッタリなケースを使っている人は、注意が必要かもしれません。

カッコイイと言われるようになった

レンズフードを付け始めて、変わったことは「カッコイイ」と言われるようになったことです。
腕は初心者でも、見た目は上級者に見られるようになります。

何かを始めるときに、まず見た目から入るという人は、レンズフードを付けてみるオススメします。

さいごに

カメラのことは、そんなに詳しいわけではありませんが、レンズフードを購入してよかったと思っています。

指紋が付いてしまうことが劇的に減ったからです。

値段も高価ではないので、迷っている人は試しに購入してみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で