書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

ランニング好き必見!あると便利な6つのアイテムを紹介します!

ランニング

ランニングを日課にしている”ぞの”です。

ガジェットが好きなので、ランニング中にもさまざまなアイテムを身につけています。

今回は、あなたにもおすすめしたい6つのアイテムを紹介します。

広告

スマートフォン

スマートフォンはランニング中の必須アイテムです。
これから紹介するアイテムは、スマートフォンと連携することで活躍することが出来るからです。

ランニングをしているときのスマートフォンは、なるべく小型なものがオススメです。
僕は、iPhone 6 Plusをランニング中に使っていますが、かなり重たく感じています。
スマートフォンの買い換えを考えるときは、ランニング中に持ち歩くことを頭に入れてみてはいかがでしょうか?

Runkeeper

Runkeeperとは、ランニングを計測するアプリです。
ランニング中に走った時間や距離を教えてくれ、信号待ちなどで停止したときには、計測も停止されます。
SNSへのシェアも、とても簡単に行うことが出来ます。

ランニング後には、過去の平均ペースなどのデータを確認することも可能です。

フリップベルト

フリップベルトは、ランニング中にスマートフォンなどの小物を持ち歩くためのアイテムです。
iPhone 6 Plusでも、問題なく持ち歩くことが出来ます。

Fitbit「ChargeHR」

ランニングのときには、Fitbit「ChargeHR」を見ながら心拍数を気にしています。
20代の僕は、心拍数が140〜160になるように運動強度を調整しています。

もちろんランニング中でも付け心地は、最高です。
走っていても、全く邪魔だと感じることはありません。

ワイヤレス片耳ヘッドセット

走っているときには、音楽やオーディオブック、先ほど紹介したRunkeeperからのメッセージを聞いています。

コードがないワイヤレスヘッドセットは、ランニング中に邪魔になることはありません。
Bluetoothでスマートフォンと接続することが出来ます。

ヘッドセットの中でも、オススメなのが片耳のヘッドセットです。
片耳から周りの音が聞こえるので、ランニング中の危険防止につながります。

【FeBe】おすすめオーディオブック厳選3シリーズを紹介!!

JabraのBluetooth片耳ヘッドセットMINIとBOOST を比較

アームバンド

ランニング中の危険防止アイテムとして、アームバンドもオススメです。
自分が車を運転していても、アームバンドをしている人はすぐに見つけることが出来ます。

日が出ていない時間帯にランニングをする人には、是非付けてもらいたいアイテムです。

さいごに

ランニング中には、必ずこの6つのアイテムを装着しています。

楽しくランニングをするため、安全にランニングをするためにオススメのアイテムです。

ランニングを日課にしているあなたも装着してみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で