書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

カメラ初心者が高倍率ズームレンズデビュー【TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiII VC B018E】

愛知県庁

カメラ初心者でCanon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X50を使っている”ぞの”です。

Canon EOS kiss x50の交換レンズとして高倍率ズームレンズの「TAMRONの高倍率ズームレンズ 18-200mm F3.5-6.3 DiII VC キヤノン用 APS-C専用 B018E」を購入しました。

今まで諦めていた被写体に、近づいて写真を撮れるようになって感激です。

広告

高倍率ズームレンズを購入した理由

高倍率ズームレンズに興味を持った理由は、「カメラを持っているなら、一通りの道具を揃えたい」という欲求のためです。
以前、単焦点レンズを購入して感激したので、高倍率ズームレンズも使ってみたくなったのです。

タムロンのレンズを選んだ理由は、大好きな鎌倉投信の投資先の一つだからです。
一眼レフを購入する前から、タムロンのレンズを使ってみたいと思っていました。
高倍率ズームレンズの中でも、購入しやすい金額だったことも理由の一つです。

見た目の特徴はレンズが長いこと

今までは、標準レンズや単焦点レンズをつかってたので、高倍率ズームレンズのレンズの長さに驚きました。
18mmに合わせると、いつも使っているレンズと同じくらいの長さですが、

TAMRONの高倍率ズームレンズ1

200mmの高倍率に合わせると、こんなにも長くなります。

TAMRONの高倍率ズームレンズ2

レンズフードを装着すると、こんなカッコイイ姿になります。

TAMRONの高倍率ズームレンズ3

遠くの景色までクッキリ

200mmの高倍率は、僕の想像を超えた景色を撮影することが出来ました。

18mmで撮影すると、このような名古屋城

TAMRONの高倍率ズームレンズ4

200mmの高倍率にすると、金のシャチホコが分かるくらいズームすることが出来ます。

TAMRONの高倍率ズームレンズ5

近くにある愛知県庁は、18mmで撮影すると全貌が分かる写真になりますが

TAMRONの高倍率ズームレンズ8

200mmで撮影すると、時刻までハッキリと分かるほどのズームで撮影することが出来ます。

TAMRONの高倍率ズームレンズ9

さいごに

高倍率ズームレンズを購入したことによって、撮影できるシーンの幅が大きく広がりました。

スポーツ観戦や、動物園などで役に立ちそうだと期待しています。

あなたも高倍率ズームレンズを手にとってみてはいかがでしょうか?

“ぞの”が使っているカメラはこちら

次に読んでもらいたいエントリー

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で