書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

雨の日には快眠度が下がりやすい。耳栓をするも効果なし!?

寝ている犬

睡眠を記録している”ぞの”です。

今日は、8時間も眠ったのに快眠度が60%しかありませんでした。

その原因は、夜中から降り出した雨と強い風のためです。

広告

快眠度を上げるためにやっていること

睡眠の質、つまり快眠度を上げるために、さまざまなことを試してきました。
そこで行き着いた答えは、「いかに気持ちよく眠ることが出来るかが最重要」ということです。

快眠度を上げるには一つのことに気を付けるだけで効果あり

ホットアイマスクをしたり、適度な運動をしてから眠ることによって、気持ちよく眠ることができます。
その結果、快眠度が上がりやすいのです。

しかし、今日は快眠度に最大に貢献する「睡眠時間を多めに確保する」を実行できたにもかかわらず、60%程度の快眠度にしかなりませんでした。

その理由は、夜中から降り始めた雨と強う風のためだと気が付きました。
記録している統計データをみても、雨の日には快眠度が落ちていることが分かります。

快眠度

雨、風対策の耳栓が・・・

眠るときに耳栓をしています。
そのため、外部の雑音を気にすることなく眠りにつくことができます。

しかし、一つだけ問題があったのです。
それは、寝ている間にとれてしまうことです。
寝相は良い方だと思いますが、朝まで付いていたことがありません。

どのタイミングで外れているのかは分かりませんが、耳栓が外れることによって雨や風の音に影響を受けているように思うのです。

すぐにできる対策はただ一つ

これから試してみたいことはただ一つです。

外れない耳栓を見つける

今まで使っていた耳栓は、どこで買ったか分からない家にあった耳栓でした。

調べてみると、耳栓にもたくさん種類があることが分かります。
その中から外れにくい耳栓を見つけることが、雨の日でも快眠度を維持できる方法かと思います。

さいごに

快眠度が低い日は、朝でも眠気を感じることがよくあります。

これからも睡眠を記録して、睡眠効率を上げるためにチャレンジしていきたいです。

あなたには快眠度を上げるための、とっておきの方法はありますか?

ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、"こちらから"ご覧いただけます。
〜記事を探す〜
〜記事を探す〜