書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

PCも交換レンズも持ち運べる大容量デジタル一眼カメラ用リュックは使いやすい

Manfrotto カメラリュック

Manfrottoのデジタル一眼カメラ用リュック(MA-BP-A2CA)を購入した”ぞの”です。

どこに行くにしても荷物が多くなりがちな人にオススメしたい大容量リュックです。

パソコンや交換レンズを入れても、まだ余裕があります。

このリュックのいいことろは、9.4Lという大容量なことです。

パソコンに一眼レフ、交換レンズにマインドマップセット、どこへ行くにしても荷物が多い僕のような人に嬉しいリュックです。

では、早速リュックの機能を紹介します。

広告

大容量のリュックを紹介

デジタル一眼カメラを収納する場所は、とにかく大容量。カメラの腕前は初心者にも関わらず、道具だけは多いのですが、余裕で収納することができます。

望遠レンズでもカメラから取り外せば問題なく収まります。

普段は写真のように、50mm単焦点レンズをカメラに装着した状態で、リュックに入れて持ち歩いています。マジックテープで仕切られているので、あなたの好きなように仕切ることもできます。

Manfrotto カメラリュック7

Manfrotto カメラリュック8

リュック上部にある収納スペースも、とにかく大容量です。

Manfrotto カメラリュック9

ペンスタンドやペットボトルを立てて入れることもできます。

Manfrotto カメラリュック11

iPad Air 2やA4サイズのノートも余裕で入ります。

Manfrotto カメラリュック13

さらに背中側には、パソコンを収納するスペースも用意されています。このリュックは、17インチのパソコンまで入れることができるので、僕が使っているMacBookPro13インチは問題なく入れることができます。

Manfrotto カメラリュック15

上部には、あと二ヶ所収納スペースがあります。

一つは、チャックが付いたやや広めのスペース。この部分には、財布やキーケースなど貴重品を入れています。

Manfrotto カメラリュック5

もう一つは一番外側にあるので、すぐに取り出したい目薬やポケットティッシュを忍ばせています。

Manfrotto カメラリュック6

リュックの側面の取りやすいところに、ペットボトルを入れられるようになっていることも嬉しいところです。

Manfrotto カメラリュック1

このカメラ用リュックのいいところは、これだけではありません。

カメラを収納していた部分を取り外し、内部のチャックを開けることによって、普通の大容量リュックに様変わりしてしまうのです。

Manfrotto カメラリュック3

Manfrotto カメラリュック2

Manfrotto カメラリュック4

さいごに

カメラ用リュックにしては求めやすい値段だったので、即買いをしてしまいました。

今では旅のお供として欠かせない存在となっています。

収納スペースが多いため、どこへ行くにしても荷物が多くなってしまう人にオススメです。

あなたも購入を検討してみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で