書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

「→Pia-no-jaC←」初めてJAZZを聴いてみたい人におすすめユニット

トランペットを弾くおじさん

空前の音楽ブームが来ている”ぞの(@z02n05)”です。

ブームが来た理由は、「→Pia-no-jaC←」(ピアノジャック)というユニットを知ったからです。

友人にJAZZを聴いてみたいという要望を出したら教えてもらえました。

今日は、JAZZに興味を持っているあなたに「→Pia-no-jaC←」(ピアノジャック)のオススメしたい楽曲を紹介します。

広告

「→Pia-no-jaC←」(ピアノジャック)とは

JAZZを聴いてみたいという要望を出して「→Pia-no-jaC←」を教えてもらいましたが、実はこのユニットはJAZZではありません。
「ハイブリッド・インストゥルメンタル」というJAZZでもCLASSICでもない新しいジャンルの音楽とのことです。

ハマったのは知っている曲のアレンジから

「→Pia-no-jaC←」はオリジナル曲の他に、多数のアレンジした楽曲を制作しています。
音楽に疎い僕でも、どこかで聞いたことがある曲ばかりです。
馴染みのある曲が、めちゃくちゃカッコよくアレンジされているので、「→Pia-no-jaC←」の世界に引き込まれてしまったのです。

「ベートーベン交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱」第4楽章」

エリーゼのために

Wedding March

オリジナル曲だってカッコいい

アレンジされた楽曲を繰り返し繰り返し聴いていると、もっと「→Pia-no-jaC←」の曲が聴きたいと思うようになりました。
そこで手に取ったのが、オリジナル曲です。
CDで聴いて、YouTubeで演奏を見ていると、さらに「→Pia-no-jaC←」の世界に引き込まれていきました。

組曲『 』

Jack 2011

さいごに

「→Pia-no-jaC←」の楽曲はいかがだったでしょうか?

知っている曲がカッコよくアレンジされていたのではないでしょうか?
他にも「ミッキーマウス・マーチ」や「クロノ・トリガー」など、聞いたことがある楽曲のアレンジも制作しています。

あなたもJAZZに興味があったら「→Pia-no-jaC←」を聞いてみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で