書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

「木をかこう ブルーノ・ムナーリ氏」絵が苦手な人でも木を描けるようになる一冊

アート作品を鑑賞するのは大好きですが、絵を描くことがとても苦手な”ぞの”です。

今回は、絵を描くことが苦手な僕が、友人のブログ記事に触発されて「木」を書くことに挑戦しました。

描こうと思ったきっかけ

本書を知ったのは、友人の優有さんのブログです。

素敵な紹介文だったので、思わず購入してしまいました。

アート作品を見ることが好きなのに、自分が描くことは苦手。

本を読んで、少しでも苦手意識を解消したいという期待していました。

木を描いてみた

本書は「木をかく」ことについて、独特の空気感で書かれてあります。

たくさんの「木」の横に書かれている、書き方のポイントから、何とも言えない優しさが伝わってきます。

wpid-20150614031547.png

wpid-20150614031613.png

wpid-20150614031628.png

実は、これでも大変満足してます。

なぜなら、「木」だと分かるからです。

根元が太くて、先に行くにつれて細い枝になっていく。その枝の周りに点のような葉がある。

たったこれだけのポイントを意識することで、「木」になったのです。

絵が苦手なあなたも、「木」を描くことから挑戦してみてはいかがでしょうか?

太陽が描けるようになる本もあります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で