書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

投資信託とETFの違い

投資を始めたばかりの人は違いが分かりにくいと思います。

インデックスだったらどっちも同じじゃないの?なにが違うの?という質問をよく受けます。

細かいことは抜きにして違いを表にしてみたので、ご覧ください。

投資信託とETFの違い

スクリーンショット 2015-06-15 20.23.22

投資信託がおすすめな人

  • ドルコスト平均法で購入したい人(毎月同じ日に同じ金額で購入する方法)
  • めんどくさいのが嫌な人
  • 少額で投資したい人

ETFがおすすめな人

  • 自分で購入価格を決めたい人
  • コストを少しでも抑えたい人
  • リスク許容度が大きい人

まとめ

初心者の人には投資信託をお勧めしたいです。
理由は、少額でドルコスト平均法を行うことができ、楽にリスクを抑えることができるためです。

ETFは選ぶことのできる商品がまだ少ないです。
海外ETFにも目を向けると種類は増えますが、為替リスクなど少々難しいことも考える必要が出てきます。

気持ちに余裕のある人はいろいろな商品をとりあえず買ってみるというのがいいと思いますが、ぞののおすすめは投資信託です。
ちなみに、僕のリスク資産の80%程度は投資信託で20%程度はETFです。

なにかの参考にして頂けると嬉しいです。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で