書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

故障したFitbit「Charge HR」の代わりに送られてきた新品を再設定

Fitbit

常に身につけているFitbitの活動量計「Charge HR」が故障してしまった“ぞの(@z02n05)”です。

今まで肌身離さず手首にあったものが、使えなくなって寂しい思いをしていました。しかし、故障したことをサポートへ連絡したら、五日後に新品となって手首に戻ってきました。

しかし、新品の端末は設定を一から行わなければいけない手間があります。さらに一つだけ、押すことが怖いボタンがあるのです。

広告

問い合わせたら新品が届いた

普段使っているFitbitの活動量計「Charge HR」が、原因不明で故障してしまいました。そこで面倒だと思いながらも、サポートへ問い合わせをしたら新品の端末を送ってもらえました。

Fitbit1

独自の充電ケープルやUSBレシーバーも一緒に送られてきました。

Fitbit3

新品の端末は再設定が必要

新品の端末は、いくら同じものを使っていたとしても、初めて使った時のように設定し直す必要があります。

Fitbit4

新しく送られてきた新品の端末のペアリングが完了すると、Fitbitの専用アプリには二つの端末が並ぶことになります。そのうち故障した端末の方の情報は削除しなければなりません。

故障した端末の情報をクリックし、最下部にある「この Chage HRを削除」を押します。このボタンを押すのに、大変な勇気がいりました。今まで記録していたデータがなくなってしまうと思ったのです。

Fitbit6

勇気を出して削除ボタンを押しましたが、何の問題もありませんでした。過去のデータはそのまま残っています。

ここまで設定できたら、最低限のことは完了です。しかし、サイレントアラームや表示内容の変更をしていた人は、もう少し設定を続けましょう。

さいごに

新品の端末を手に入れることができましたが、再設定にやや手間がかかりました。

しかし、これでまた日々の活動量を計測した生活を送ることができます。

あなたも僕と一緒にファットネススコア80点を目指してみませんか?

追伸:最新モデル「Charge2」を購入しました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で