書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

ブログ更新頻度が落ちる原因はネタ切れよりも手間のかけすぎ

未完成の壁

ほぼ毎日ブログを更新している”ぞの(@z02n05)”です。

一年以上書き続けていますが、ネタ切れを起こしたことはありません。逆に書きたいことがありすぎて更新頻度がどんどん上がっています。

更新頻度が上がるとともに変化してきたのは、更新するまでの時間が短縮されてきたことです。

ブログ開設一周年!二周年目へ向けプロフィールを刷新!ブログ記事を発信することが楽しすぎる

広告

ネタ切れは言い訳

ブログを始めた時はほぼ毎日更新している自分を想像することができませんでした。そんなにもブログネタがないと思っていたからです。

しかし、書き続けて一年以上が経ちますが、ネタ切れを起こしたことは一度もありません。読んだ本のことや購入した商品のこと、旅行したことなど、ブログネタは生活の中に溢れています。

そのため、ネタ切れと言っている人は、自分に言い訳を言っているように思うのです。なぜならアプリを一つ削除したことでさえ、捉え方によってはブログネタになってしまうからです。

完成度が低くても更新

では、一体何が、更新頻度を下げる要因になっているでしょうか?

僕は、更新するまでの手間をかけすぎていることが原因だと思っています。

ブログは世界中からアクセスされるメディアだから、恥ずかしいものは見せられないという気持ちはわかります。

しかし、記事の完成度を上げたからといって、需要があるかどうかは公開してみないとわからないことです。もし需要があるのだったら、記事を公開してから編集しても問題ありません。

更新頻度が落ちてしまっては、情報はあなたの中だけで留まってしまいます。それでは、世の中にとって非常にもったいないことをしていると思いませんか?

いかに楽に書くか

僕が、ほぼ毎日更新できている理由は、楽に書くための工夫をしているからです。

例えば、親指シフトという日本語入力に適したタイピングをすることで、指と脳の疲労を劇的に抑えています。

また、ブログネタを思いついた瞬間にメモするために、ロルバーンのノートを常にポケットに入れています。これによってブログネタを忘れずに済むことと、隙間時間に文章の構成を考えることができるのです。

このような工夫を始めたおかげで、ブログを始めたての頃は更新するまでに2時間もかかっていましたが、今では平均45分で更新できるようになりました。

さいごに

ブログをほぼ毎日更新できるようになったのは、更新するまでにかかる時間を大幅に削減したからです。

親指シフトなどは一朝一夕に習得できませんが、ノートを持ち歩いたり完成度を下げてみることはすぐにできると思います。

あなたも更新頻度を上げて、世の中に情報を大量発信してみませんか?

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、"こちらから"ご覧いただけます。
〜記事を探す〜
〜記事を探す〜