書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

学生時代に感じていた「みんなと同じ」ほど、つまらない発想はない

ドクロを持った笑顔の女性スタッフ

普通であることが嫌いな”ぞの(@z02n05)”です。

そんな僕も学生時代には「みんなと同じがいい」と、特徴を持つことを避けていました。

しかし、今では全くそんな考えはありません。同じことをやるにしても、何かオリジナリティが欲しいのです。

広告

「みんなと同じ」の安心は一時的でしかない

人と同じ選択をすると、非常に安心感を覚えます。失敗しても成功しても、みんなと同じだから文句を言われずに済むし目立つ必要もないからです。

しかし、そんな考えは一時的でしかありません。

なぜなら、サラリーマンになってから学生時代にしていた「みんなと同じ」を選択を、非常に残念に感じているからです。

プロフィール作成に悪戦苦闘した

「みんなと同じ」がつまらない、と言葉で言えるようになったきっかけは、ブログプロフィールを大幅に刷新したことがきっかけです。

ブログプロフィールは自分を知ってもらうために、最も力を入れて書くページです。そのため、自分の過去と向き合い、出来事を振り返っていました。

そこで気がついたのは、自分は学生時代に話のネタになるような経験が少ないということです。自分のことを知ってもらうページなのに、人と違ったことが少ない人生を残念に感じました。

あなたが学生なら、就職面接や履歴書を書くときに、僕と同じ思いをすることになるでしょう。

いち早く普通を脱却せよ

僕が「みんなと同じ」を脱却し始めたのは、当ブログを始めてからでした。あなたの周りを見渡しても分かる通り、ブログを始めたことだけでも普通ではありません。

ブログを始めてからの日常は、今までの生活から大きく変化しています。とにかく毎日が楽しすぎるのです。ブログプロフィールにはひっそりとしか書かれていませんが、一晩二晩では語りきれないほど濃厚な一年へと変わったのです。

さいごに

今では「みんなと同じ」ほど、つまらない発想はないと思っています。

そんな発想から脱却するための方法は、当ブログにある多くの記事に隠されています。

あなたには今すぐに、この考えから脱却してもらいたいので、僕からのメッセージを読んでみてください。

次に読んでもらいたいエントリー

ぞの

平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、“こちらから”ご覧いただけます。

〜記事を探す〜
〜記事を探す〜