書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

名古屋城本丸御殿 障壁画と木の温もりが見事なコラボレーションを魅せていた

名古屋城本丸御殿

名古屋城本丸御殿へ行ってきた”ぞの(@z02n05)”です。

平成28年6月1日から公開された「対面所・下御膳所」を見てみたかったので、公開後2週間も経たないうちに足を運んでしまいました。

障壁画と白木のコラボレーションはここでしか見られない、とても美しいものでした。

広告

公開直後の土曜日でも混雑は少なめ

平成28年6月1日から公開された「対面所・下御膳所」を見るため、公開後2週間も経たない6月11日(土)に名古屋城へ行きました。

午前9時の開園に合わせて、名古屋城入り口へ向かったところ、すでに行列ができていました。しかし行列の進みは早く、5分ほどでチケットを購入することができました。

名古屋城2

素屋根内の工事見学

本丸御殿は名古屋城へ向かう途中にあります。運良く素屋根内の工事見学を行っているのを見つけたので、こちらから立ち寄ってみました。工事見学の入り口では、危険防止のためのヘルメットが渡されます。

名古屋城本丸御殿8

順路の階段を上っていくと、屋根が作られている光景が広がっていました。ここには、日本伝統の技が詰まっているのでしょう。初めて見る光景に目を奪われてしまいました。

名古屋城本丸御殿9

名古屋城本丸御殿10

ここで見たものは、完成したら本丸御殿の屋根のようになのでは、と想像しました。

名古屋城本丸御殿11

名古屋城本丸御殿

名古屋城本丸御殿は平成21年から復元の工事が着手され、完成したところから順次公開しています。

今回公開された「対面所・下御膳所」は2ヶ所目で、1ヶ所目は平成25年に公開された「玄関・表書院」でした。

名古屋城へは何度か行ったことがあったのですが、本丸御殿へ行ったことがなかったので非常に楽しみにしていました。

建物に入ってから一番最初に感じたことは、木のぬくもりです。美しい白木で建設され、まるで新築の家のような木の香りに包まれていました。

名古屋城本丸御殿1

名古屋城本丸御殿3

奥へ進むと広々とした和室が点在しています。そこで見ることができる障壁画が、とにかく圧巻です。

金箔の下地に、今にも動き出しそうな絵が描かれていました。

名古屋城本丸御殿4

名古屋城本丸御殿5

名古屋城本丸御殿6

名古屋城本丸御殿7

見所はこれだけではありません。

頭上を見上げると、職人技としか思えない施しがいたるところに見られます。

名古屋城本丸御殿12

名古屋城本丸御殿13

さいごに

名古屋城の本丸御殿へ足を運んだのは初めてでした。

建物内に足を踏み入れた瞬間から漂う木の香りと、障壁画をはじめとした職人技のコラボレーションに魅了されてしまいました。

あなたも名古屋城の本丸御殿に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

名古屋城公式ウェブサイト

  • 開演時間:9:0016:30(天守閣・本丸御殿は16:00までに入場)
  • 入場料金:大人500円 中学生以下無料 高齢者・団体等の割引有り
  • 休園日:12/29〜1/1

おしろツアーズ
おしろツアーズ

posted with amazlet at 16.06.11
東海テレビ
扶桑社 (2016-03-17)
売り上げランキング: 3,008

次に読んでもらいたいエントリー

ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、"こちらから"ご覧いただけます。
〜記事を探す〜
〜記事を探す〜