書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

名古屋の観光地といえば名古屋城 天守閣を目指して散策がオススメ

名古屋城

名古屋城へ足を運んだ”ぞの(@z02n05)”です。

名古屋の観光地といえば、真っ先に名古屋城が挙げられると思います。僕も友人から名古屋の観光地を聞かれたら「名古屋城!」と答えます。

今日は名古屋の中心地にある、名古屋城の身どころを紹介します。

広告

名古屋城とは

名古屋城は、愛知県庁や名古屋市役所などの行政機関が集まっている、名古屋の中心地にあります。行政機関が集まっているのは、江戸時代から行政の中心地だった名残かと思います。

名古屋城は、徳川家康が天下統一の最後の布石として築いた城です。
江戸幕府が体制を確立する激動の時代に、濃尾平野を見晴るかす高台に忽然と巨大な城郭が誕生しました。

名古屋城の歴史:名古屋城公式ウェブサイト

天守閣を目指して

名古屋城へ行くのだったら天守閣は、外すことができない場所です。7階建てになっていて、階段かエレベーターを使って登っていくことができます。

名古屋城11

各階には歴史を感じさせる展示物が所狭しと並べられています。刀や火縄銃といった武器や、時代劇で良く見かける乗り物などが展示されています。手に取ってみたい気持ちに駆られますが、触ることは禁止されているで注意しましょう。

名古屋城5

名古屋城1

名古屋城12

城の最上部に取り付けられている「金のシャチホコ」のレプリカが展示されています。外国人観光客は、ここで列をなして記念撮影していました。

名古屋城9

名古屋城2

7階まで登ると、名古屋を一望できる展望台になっています。名古屋駅のビル群やナゴヤドームなど、名古屋の名所を見つけることができます。

名古屋城3

いろんな角度からの名古屋城

時間に余裕があるのだったら、近くを散策してみるのもいいかもしれません。名古屋城をいろんな角度から見てみたり、国の重要文化財に指定されている愛知県庁を見ておくのもオススメです。

名古屋城6

愛知県庁

さいごに

名古屋の観光地といえば名古屋城です。天守閣まで登り、近くを散策し終えるまでに、半日ほどかかります。

午前中に名古屋城を観光して、お昼は名古屋名物を食べるというプランがおすすめです。

あなたも名古屋城に訪れてみてはいかがでしょうか?

名古屋城公式ウェブサイト

  • 開演時間:9:00〜16:30(天守閣・本丸御殿は16:00までに入場)
  • 入場料金:大人500円 中学生以下無料 高齢者・団体等の割引有り
  • 休園日:12/29〜1/1

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で