書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

ストレングスファインダー「責任感」の抜き忘れ 力を入れるべきポイントはどこか

車から足を投げ出す

ストレングスファインダーで「責任感」が最上位資質な”ぞの(@z02n05)”です。

最近は、仕事が忙しく帰宅する頃には、クタクタになっていることが増えてきました。

その理由は「責任感」を発揮しすぎていたことにあると気がつきました。

広告

何事にも一生懸命

ストレングスファインダーで「責任感」がトップ資質にあります。トップ資質ということは、意識しなくとも自然と力を発揮してしまう資質ということです。

最近もまた「責任感」が自分を苦しめる方向へ働いていました。

それは何事にも一生懸命にやりすぎてしまうことです。今回は、仕事でした。帰宅する頃には、体も頭もクタクタになってしまっていたのです。

怒りスイッチがオンに!ストレングスファインダーの強みが弱みに変わってしまった

本来やるべきことは

一生懸命やることは、決して悪いことではありません。精一杯やることで、自分の能力を底上げすることができます。

しかし、本来やるべきことに力を入れられなくなることは、非常に悪いことです。僕にとっては、ブログ記事を多く発信することが、本来やるべきことであり、ありたいことです。

最も重要なことが、仕事でクタクタになることで出来なくなるのは避けなければいけません。

ブログネタを探しながら仕事をする

クタクタになるようになってからは、ポケットに忍ばせているノートを取り出さなくなっていました。仕事に一生懸命になりすぎて、ブログのことを考えることができなくなっていたのです。

そこで思い出したのが、仕事が楽しいと感じていた時のことです。この時は、ブログネタを探しながら仕事をしていたので、程よく力が抜けていました。帰宅してからも、クタクタにならずにブログを書くことができていました。

ブログを始めてから接客の仕事が楽しくなってきた3つの理由

最近は、ブログネタを探す余裕がなくなっていたがために、クタクタになっていたと思われます。ポケットに忍ばせているノートの存在を意識して仕事をする必要がありそうです。

さいごに

仕事に一生懸命になりすぎていたために、疲れて、本来やるべきことができずにいました。

ポケットに忍ばせているノートを思い出すなどして、うまく力を抜くことが必要に感じます。

あなたは本来、力を入れるべきところへ力を入れることができていますか?

ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、"こちらから"ご覧いただけます。
〜記事を探す〜
〜記事を探す〜