書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

「未来から選ばれる働き方「会社がなくなる時代」のキャリア革命 神田昌典さん 若山陽一さん」自分で成長することができる人が活躍できる時代に

未来から選ばれる働き方「会社がなくなる時代」のキャリア革命

未来から選ばれる働き方 「会社がなくなる時代」のキャリア革命 PHPビジネス新書」を読んだ”ぞの(@z02n05)”です。

本書は日本のトップマーケター「神田昌典さん」とUTグループ株式会社代表取締役社長兼CEO「若山陽一さん」の共著です。

10年以内に訪れる会社がなくなる時代の生き延び方について、お二人の考えを知ることができます。

広告

2024年には「会社」がなくなる

あなたは会社がなるなると聞いてピンと来ますか?それも10年以内の近い将来に。

僕は全くどんな時代になるのか想像がつきません。

  • 会社が無くなったら、仕事はどうなるの?
  • どうやってお金を稼ぐの?
  • それで社会は回っていくの?

こんな疑問が湧きますが、答えが見つかりません。

価値・資金・ロボットなど社内に頼る必要がなくなる

神田さんは本書で、会社という社内に収まった活動がなくなると言っています。あえて会社という組織を作らなくとも、外部との協力によって社会活動ができるようになるのです。

  • 価値は、社内で発生したものではなく、外部の人との協力で発生する。
  • 資金は、予算を獲得するのではなく、クラウドファウンディングのように外部から調達する。
  • 人を育てるのでなく、ロボットを進化させる。

なんとなくイメージすることができたでしょうか?これからの時代は、会社という組織を構成しているメリットが薄れていくのです。

自分の未来を創る人が、未来から選ばれる

これからの時代に活躍することができる人はどんな人か?

お二人にこの質問を投げかけたら、「自分で考えて行動できる人」という答えが返ってくる気がします。

  • 会社に言われたことをただやる。
  • いつも同じ人とばかり付き合っている。

このような人は、会社がなくなる時代に合わなくなるのではないでしょうか?

会社がなくなった時代には、未来の社会を想像して、柔軟な発想と行動力がある人が活躍するように思います。

さいごに

本書を読んで、会社がなくなる時代を真剣に想像することができました。

読み終えた今でも、本当にそんな時代がやってくるのか半信半疑ですが、備えは必要です。

あなたは、会社がなくなった時代に活躍できる人は、どんな人だと思いますか?

次に読んでもらいたいエントリー

ぞの

平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、“こちらから”ご覧いただけます。

〜記事を探す〜
〜記事を探す〜