書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

「1分間バフェット お金の本質を解き明かす88の原則 桑原晃弥さん」人生・投資では自分ルールが最強の武器になる

1分間バフェット お金の本質を解き明かす88の原則

1分間バフェット お金の本質を解き明かす88の原則」を読んだ”ぞの(@z02n05)”です。

本書は投資家で世界一の実績を上げているウォーレン・バフェットの言葉をまとめた本です。

人生や投資に役立つ88の原則を、1つにつき1分で読める言葉にして紹介されています。

広告

初めてバフェット本を手に取った

僕は投資家なので、ウォーレン・バフェットのことはもちろん知っていました。投資に関する数多くの本で、彼の思想や行動について紹介されているのです。

しかし、彼をメインにとりあげた本は、一切読んだことがありませんでした。そこで、タイトルに「1分」という読みやすさを連想させる本書を手に取ってみたのです。

読んでみると、人生や投資に役立つ88の原則について、1つにつき1分で理解できるように説明されていました。一つ一つの原則が短く紹介されているので、スキマ時間を使った読書に適しています。

人生・投資に大切なのは自分ルール

本書を読んでいて気になったのは、バフェットが自分に課しているルールの多さです。「人になんと言われようと、自分はこう決めているからやらない」という固い決意が伺えます。

バフェットが投資で成功している最大の理由は、この自分ルールにあるのです。

では、本書で紹介されているバフェットの自分ルールのうち、僕のお気に入りを2つ紹介しましょう。

10年間株を持ち続ける気持ちがないなら、10分でも株を持とうなどと考えるべきではない。

株を保有しいると、日々、株価が変動します。突如として高騰するときも、暴落するときもあります。バフェットはこんな時でも、安心して持ち続けられる株を購入するべきだと言っています。

僕はこの考えを、「株を買うことは、結婚相手を選ぶようなもの」だと思っています。

どんな時でも支え合い、手放すことなど考える必要がないくらい、信用している株を選ぶ必要があると感じました。

やる必要のない仕事は上手にやったところで意味がない。

この言葉を読んで、自分の普段の行動を思い返したときに、ハッと気がつきました。

「あの仕事って自分がやる意味あったのか?」と。

誰かがやらないといけないから、自分がやる。こんな場面が仕事を思い返すとよくあります。

自分の価値を最大限生かしきれていない意味のない行動に感じます。これからは「自分がやる意味」を考えた行動をとりたいと思いました。

さいごに

本書は世界一の投資家ウォーレン・バフェットの人生・投資に役立つ88の原則が紹介されています。

1つの原則につき1分で読むことができるので、スキマ時間を使った読書に適しています。これからもちょっとした時間に、繰り返し読みたい一冊です。

あなたも人生や投資に役立つバフェットの考え方に触れてみてはいかがでしょうか?

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で