書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

「色の力 ジャン=ガブリエル・コース氏」色が人に与える影響は想像以上に絶大なようです

色の力

色の力 消費行動から性的欲求まで、人を動かす色の使い方」を読んだ”ぞの(@z02n05)”です。

本書を読んでから、「色」に対する関心が変わり始めました。紹介されている実験や活用事例に共感を覚えたからです。

そして、少しずつ「色」の使い方を見直していくことに決めました。

広告

「色」が持つ影響

「色」が持っている影響力は非常に絶大です。

この言葉を聞いて、「そうだよね」と頷くことができたでしょうか?イマイチ、ピンとこなかった人には、第2章で紹介されている事例を読んでもらいたい。

例えば「赤」という色についてです。

「赤」という色は、人間に不安と緊張を抱かせます。面接を控えた学生が「赤」を見てから、ドアをノックすると、回数も少なく音も弱いことが確認されています。

また、自分の部屋を見渡すと、「赤」が非常に少ないことに気がつきました。自室では、まったりとした時間を過ごしたいと考えているので、自然と「赤」を避けていたと思われます。

このように、知らず識らずのうちに「色」の影響を受けてしまっているようです。

デスクトップのバックグラウンドを変えてみた

本書には、先ほど紹介したような事例が数多く載せられています。それらを読んだ僕は、すっかり「色」の持つ影響力の凄さに感服してしまいました。

そこで思い立ったが吉と、デスクトップのバックグラウンドを変更しました。今すぐにできることからやってみるのが、本から学ぶポイントです。

色の力2

僕が選んだのは、Macに初めから入っている「天の川」というバックグラウンドです。

選んだ理由は、「青」は創造的な色であると紹介されいるからです。自由と充足の象徴であり、ぐっとくつろいだ気分に誘われるという効果に期待しています。

色の力1

バックグラウンドは30秒あれば、簡単に変更することができます。そのため、気分によって「色」を使い分けることを考えています。

例えば「草の葉」というバックグラウンドに惹かれました。「緑」は自然を思わせる色です。元気がない時、心に平穏をもたらしたい時、ストレスを感じた時などに効果的です。

さいごに

本書を読んでから、「色」に目が行くようになりました。

広告に使われている「色」や、道行く人が身につけている「色」に、関心が湧くようになりました。そして、人にどんな影響を与えようとしているのか、想像することが楽しくなってきたのです。

あなたも「色の力」について学んでみてはいかがでしょうか?

ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、"こちらから"ご覧いただけます。
〜記事を探す〜
〜記事を探す〜