書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

ブログの更新頻度を保つために親指シフトとMacBookの2つの「楽」が役に立っている

並んだシューズ

ブログ記事を書くことが大好きな”ぞの(@z02n05)”です。

文章を公開することがとても面白いと感じていて、ブロガー仲間からは更新頻度がすごい!とよく言われます。

今日は、更新頻度を保つために身につけてよかった2つの「楽」を紹介します。

広告

とにかく「楽」に

記事を書くときは、とにかく「楽」をして書くことを工夫しています。どんなに好きなことでも、めんどくさいと感じることを継続させることが困難だからです。

「楽」をするために行っていることは、具体的に3つあります。どれも「楽」 に書くための環境を整えることを目的に行っています。

親指シフトによるタイピング

世の中の多くの人は、ローマ字入力でタイピングを行っているかと思います。僕も職場では、ローマ字入力を使っています。

しかし、自宅でブログを書くときは違います。親指シフトという、一風変わったタイピングで書いているのです。

親指シフトのメリットは何といっても、「楽」なことです。文章を入力していても、指が疲れることはまずありません。日本語に適したキー配列によって、指を動かす領域が少ないことが理由です。

習得するためには、僕の場合、3ヶ月ほどかかりました。2週間でなんとなくキー配列を覚えて、3ヶ月でスムーズなタイピングができるようになるといった具合です。

始めたばかりは、タイピングすることがストレスで仕方がありませんが、身につけてしまえば、この味を忘れることはできません。

MacBookを持ち歩く

いつでもどこでも文章を書くために、MacBookを購入しました。自分にとっては、かなり大きな投資でしたが、ブログを「楽」に書くために役立っています。

今までは、外出先で記事を書くときには、iPhoneのフリック入力を使っていました。しかし僕にとって、フリック入力は、指が疲れるため好きになれません。

やはり、親指シフトが大好きなのです。そのため、思い切ってMacBookを購入して、外出先でも親指シフトを使えるようにしたのです。

おかげさまで、外出先のちょっとした時間でも「楽」に文章を書くことができるようになりました。

とにかく「楽」しく

ブログの更新頻度を保つためには、技術的な面よりも楽しく続けることが重要だと思っています。

当ブログを読んでくれている人は、気がついているかもしれませんが、僕はブログを更新することをとても楽しんでいます。

自分か書いた文章が誰かの役に立つこと、見てもらえることが非常に嬉しいです。また、ブロガー仲間と、ブログトークを交わすことも非常に楽しいです。

最近では、「#寄せ書きブログ」という企画が楽しくて仕方がありません。

さいごに

僕がブログを更新するために、2つの「楽」を身につけました。

一つは、「楽」に書く方法。もう一つは、「楽」しく書く方法です。

あなたも更新頻度を保つために、この2つの「楽」を身につけてみてはいかがでしょうか?

親指シフトが気になる方へのオススメ記事

ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、"こちらから"ご覧いただけます。
〜記事を探す〜
〜記事を探す〜