書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

「お金原論―30代で知っておきたい「お金の知性」の高め方 泉正人さん」お金について考え始めようと思った時に読む教科書的な一冊

お金原論―30代で知っておきたい「お金の知性」の高め方

お金原論―30代で知っておきたい「お金の知性」の高め方」を読んだ”ぞの(@z02n05)”です。

僕はお金のことが大好きなので、いつもお金について、あんなことやこんなことまで考えています。もちろんお金に関する本は、山のように読んできました。

本書は、これからお金について考えてみようと思う、大人にお勧めしたい一冊です。

広告

お金ってなんだろうから始まる

本書の始まりは「第1章 お金は信用を見える化したもの」という章からです。

お金についてこれから考えてようとしている人は、「信用って何?」となったのではないでしょうか?

しかし、お金が大好きな僕的には、この一言「お金は信用を見える化したもの」が、お金の全てを表しているようにさえ感じています。

そもそも紙幣や貨幣の原価は、たった数円でしかありません。それを僕たちは、みんなが同じように思っているからと、紙のことを「1万円」、コインのことを「500円」などと信用して使っているのです。

この信用がなくなった途端に、「1万円」は価値のないただの紙切れになってしまうのです。

内容はやっぱり大人向け

本書はお金の教科書として非常に役立つ一冊です。しかし、そうやって感じるのは、自分がお金についての経験が豊富だからのように感じます。

つまり、大人向けの本だということです。

どういうことかというと、言葉や事例がある程度、お金を使ったことがある人でないと難しいように思うのです。

B/SやP/Lといった用語や、住宅ローンの話といった、学生や20代にはちょっと難しい事例がたくさん登場します。

そのため、お金のことが全くよくわからないという人には、次のような本をお勧めします。

さいごに

先に紹介した言葉に馴染み深い30代の人にとっては、非常に身近な事例がたくさん登場しているはずです。

言葉はやや難しめですが、お金の教科書として大人におすめしたい一冊です。

あなたも手に取ってみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で