書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

資産形成の鉄則

資産形成をしてお金持ちになる方法は、たった「3つ」しかありません。

1.収入を増やす 2.支出を減らす 3.運用利回りを上げる

これは1行の公式で表すことができます。

資産形成=(収入-支出)+(資産×運用利回り)

収入を増やす

資産の元手になるものは、この収入です。
サラリーマンの人なら給与を、自営業の人なら純利益を増やすことが、お金持ちへの近道です。
ここで得た、収入をできる限り、リスク資産に回すことで雪だるま式に増えていきます。

支出を減らす

給与や純利益が多くても、リスク資産に回す分がないくらいに、支出したらいつまで経っても、お金持ちにはなれません。

収入が増えたらその分だけ生活水準を上げてしまって、結局、残ったお金は変わらないパターンもよくあるので気を付けましょう。

また、税金も立派な支出だと考えています。
自分がどんな税金にいくら払っているか知っていますか?

サラリーマンの人は給与から源泉徴収されていて、気にしないと全く分かりませんが、まんまと国の策略にはめられています。
源泉徴収されている税金は、自分が本来受け取ることの収入だったのですよ。
それを、勝手に徴収されているって嫌じゃないですか。

税金は、医療費控除やふるさと納税などを行うことで、支払う額を減らせる場合があります。
分かりにくいので、税金の仕組みを毛嫌いする人が多いですが、それではお金持ちにはなれないかもしれないです。

お金持ちは収入よりも支出を気にしています。

運用利回りを上げる

投資の利回りを上げたらその分、早くお金持ちになることができるのは、当たり前ですよね。

ここで言いたいことは、利回りを上げるために投資にかかるコストを気にしてもらいたいと言うことです。

たとえば、投資信託を買うにしても、銀行で購入すると買付手数料が3%くらいかかる場合があります。
しかし、ネット証券を使ったら同じ投資信託でもノーロード(買付手数料0円)になることがあります。

また、投資信託のTOPIXインデックスを買う場合でも、運用会社によって、信託報酬が1%だったり0.5%だったりまちまちです。

こういったコストが長期運用すると大きく影響してくるので、気を付けるポイントです。

★★★

お金持ちになるための公式【資産形成=(収入-支出)+(資産×運用利回り)】は、お金持ちになりたい人は必ず覚えておかないといけません。

また、このやり方だとお金持ちになるまでに時間がかかってしまいます。
なので、宝くじを買って一攫千金!と考えている人には、おすすめできません。

ですが、宝くじよりも非常に高い確率で資産は増えますよ。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で