書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

【あいちトリエンナーレ2016】岡崎地区は反時計回りで鑑賞するのがオススメ。半日でクスッと笑えるような作品を体験できる

あいちトリエンナーレ岡崎地区

あいちトリエンナーレが大好きな”ぞの(@z02n05)”です。

名古屋地区に引き続き、岡崎地区へ作品を鑑賞しに行きました。

岡崎地区は、クスッと笑えるような作品が多く、アート初心者でもかなり楽しむことができるかと思います。

広告

スタートは名鉄東岡崎ビル(東岡崎駅)から

あいちトリエンナーレ2016岡崎地区10

あいちトリエンナーレ岡崎地区を周ろうとしている人のほとんどは、この「名鉄東岡崎ビル」(東岡崎駅)がスタート地点になるかと思います。

電車の駅もありますし、車の駐車場も幾つか発見することができました。

チケットを持っていない人は、ビルに入ってすぐのところに案内所が開設されているので、購入することができます。

あいちトリエンナーレ2016岡崎地区3

早速、「名鉄東岡崎ビル」の2Fから作品を鑑賞していきます。

まず飛び込んでくるのが、二藤建人さんの体を張った作品たちです。自らの体を地中に埋めて、型を取った作品に衝撃を受けました。

あいちトリエンナーレ2016岡崎地区5

「名鉄東岡崎ビル」の次は、反時計回りに歩みを進めました。その理由は、後で紹介します。

10分ほど北へ行くと、「籠田公園」があり、名古屋市美術館・豊橋地区で出会った作品の兄弟が展示されています。

【あいちトリエンナーレ2016】名古屋市美術館は触りたくなる作品が多いから注意が必要

【あいちトリエンナーレ2016】豊橋地区には美しいさと遊び心を刺激するような作品が待っていた

あいちトリエンナーレ2016岡崎地区6

あいちトリエンナーレ2016岡崎地区8

「籠田公園」からさらに北に5分ほど進むと、「石原邸」があります。

ビンの中に閉じ込められた匂いを体験することができる作品や、カラフルなガラス越しに庭を見ることができる作品など、子ども達が大喜びしそうな作品が目白押しです。

あいちトリエンナーレ2016岡崎地区19

あいちトリエンナーレ2016岡崎地区21

次に向かったのは、「石原邸」から南西へ10分ほどのところにある「岡崎シビコ」です。1Fには、質問カードを手にとって、指定の引き出しを開けて答え合わせをする作品があります。

また、店の奥の方にあるエレベーターから6Fに上がると、広い作品の展示スペースがあります。

あいちトリエンナーレ2016岡崎地区2

せわしない現代を表したような作品や

あいちトリエンナーレ2016岡崎地区4

タッグを組んで力を合わせているような作品など、数多くの作品が展示されています。

あいちトリエンナーレ2016岡崎地区7

「岡崎シビコ」から南へ3分ほど歩いたことろに、最後の会場「岡崎表屋」があります。

あいちトリエンナーレ2016岡崎地区9

あいちトリエンナーレ2016岡崎地区16

ここでは、どこか一部が切り取られている作品が多い印象です。

僕の脳内は、切り取られた部分はどうなっていたんだろう?という想像に駆り立てられました。

和船と岡崎城が立ち寄りスポット

ようやく、岡崎地区を反時計回りに周ったのか教えましょう。

それは、和船と岡崎城へ行きたかったからです。

残念ながら、岡崎城は開館時間を過ぎてしまったため、入館することはできませんでした。

あいちトリエンナーレ2016岡崎地区17

しかし、和船に乗ることはできました。

この船に乗ると、スタート地点の「名鉄東岡崎ビル」まで戻ることができるのです。

これが反時計回りで鑑賞した最大の理由です。

あいちトリエンナーレ2016岡崎地区1

あいちトリエンナーレ2016岡崎地区22

あいちトリエンナーレのチケットを持っていると無料で乗船することができます。運行期間が定められている貴重な機会なので、体験しないと損ですよ。

さいごに

岡崎地区は、半日あれば全ての作品を周ることができます。

作品もクスッと笑えるようなものが多いので、とても楽しむことができました。

あなたもあいちトリエンナーレの岡崎地区を訪れてみてはいかがでしょうか?

▼あいちトリエンナーレ2016について

  • テーマ:虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅
  • 会期:2016年8月11日(木・祝)~10月23日(日)[74日間]
  • あいちトリエンナーレのホームページはこちら
  • 主な会場:愛知芸術文化センター(愛知県美術館)、名古屋市美術館、名古屋市内のまちなか(長者町会場、栄会場、名古屋駅会場)、豊橋市内のまちなか(PLAT会場、水上ビル会場、豊橋駅前大通会場)、岡崎市内のまちなか(東岡崎駅会場、康生会場、六供会場)

あいちトリエンナーレ2016に関連するエントリー

ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、"こちらから"ご覧いただけます。
〜記事を探す〜
〜記事を探す〜