書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

「やる気クエスト(3) 岡野純さん」やる気が転用される前に具体的な行動を

やる気クエスト(3) 岡野純さん

やる気の無駄遣いを防ぐ方法を学んだ”ぞの(@z02n05)”です。

どうでも良いことを先に行ってしまい、本当はやらないといけないことが出来なかった。

こんな経験は、誰にだってありますよね。

やる気クエスト(3)」では、重要なことを先延ばしにしないための、やる気の使い方を学ぶことが出来ました。やる気の無駄遣いを防ぐ方法を学んだ”ぞの(@z02n05)”です。

どうでも良いことを先に行ってしまい、本当はやらないといけないことが出来なかった。

こんな経験は、誰にだってありますよね。

やる気クエスト(3)」では、重要なことを先延ばしにしないための、やる気の使い方を学ぶことが出来ました。

広告

やる気の転用が危険

  • 宿題をやる前にちょっとだけゲームを…
  • 資料を作る前に一杯だけ…

気が付いたら、もう夜に…。結局、明日に持ち越し…。

自分や子どもの姿を思い出したら、こんな経験ありませんか?

僕は、部屋の掃除を始めたら止まらなくなってしまった、ということが、よくあります。

何が起こっているのかというと、やる気が転用されてしまっているのです。

本当は、やる気を宿題に使わなければいけないにも関わらず、ゲームに使ってしまった。

そのため、宿題を行うための、やる気がなくなってしまったのです。

このような、やる気の転用は、とにかく危険です。何とかして、食い止める必要があることはご理解いただけるでしょう。

具体的な行動を小さく始める

では、一体どうすれば、やる気の転用を防ぐことができるのでしょうか。

やる気クエスト(3)」では、やる気の転用を防ぐ方法は、具体的な行動を小さく始めることだと学びました。

例えば、次のような行動でしょう。

  • 10ページある宿題のうち、1ページだけやってみる。
  • 資料全体の大枠だけ書き出してみる。

このような小さな行動を、やる気を転用する前に行うのです。

すると、始めは少しだけやるつもりだったことに勢いが付いて、一気に終わらせやすくなるのです。

もしくは、終わらせるまでいかないにしても、予定以上に捗りやすくなるのではないでしょうか。

さいごに

やる気の転用は、誰もが陥りやすい罠です。

しかし、本書で学んだことを活用すれば、罠にはまってしまうことは少なくなるでしょう。

「具体的な行動を小さく始める」

あなたも今日から、始めてみてはいかがでしょうか?

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で